アメリカンな1日でした。

大人の社会科見学、第二弾はUSJです。
7月8日の日曜日に大阪のUSJに彼女と姪の三人で行ってきたんです。
以前のヤフーブログで京都駅にチケットを買いに行った話をしたんですが
この梅雨の時期になぜいくのか?というような意見もあったのですが実はあんまり考えずに日にちを決めちゃいました(汗)
何となく、7月にUSJに行きたくなったのが最大の理由です。
15日や22日以降は連休や夏休みに入りどちらも混むような気がしたこと、
さらに15日前後は京都の人だと祭(参加する僕の友人は7月は8日だろうが、
関係ないようです)もあり、8日にしたのです。(つまりあんまり考えていないんですよね)
梅雨の時期ですからやはり気になるのが雨。
でも、ほとんどのライドはインドアだからあまり困らないのでは?とも思っていました。
ところが、日にちが近づいてくるにつれ、雨の予報が気になり始めたのです。
九州の方では大雨になっている様子。
週末には関西に上陸するんだろうな・・・なんて気持ちになってカッパをどこで買うか考えていたくらいです。
僕と彼女だけなら正直、雨でも構わないのですが、
やはり楽しみにしている姪には晴れた日のUSJを体験させてあげたかったもんですから、週間天気予報で雨の予報になっているのを見てほとほと残念でなりませんでした。
ところが、姪が晴れ女なのかどうかは知りませんが、
いつのまにか雨や曇りマークばかりの天気予報に一日だけ晴れのマークが点灯しています!
大変行きやすくなったのはいうまでもありません(笑)
この記事を書いている月曜日は雨が降っています。
本当に姪は晴れ女なのかも知れません。
当日は8時半頃に到着するように早い時間に京都を出ました。
予定通りに到着したのにゲート前では長蛇の列。
がんばって来たつもりだったのにまだまだ認識が甘かったんですね。
ゲート内ではウッドペッカーが飛び跳ねて並んでいるわれわれを挑発してます!
ゲートの上を新しくできた、ローラーコースターが試運転を繰り返しています!
それを見て、いい年してるのにワクワクしてしまいました!
おかげで、ブログ用の写真を撮り忘れていました・・・。
入場後早速、ローラーコースターへ!
ハリウッドザライドというらしいんですが、僕らが入場した頃には45分待ちの表示が・・・。(後に知りましたが240分待ちなんて信じられない表示も出たことがあるようです。)
しかし、表示時間より少し早めに乗車完了!
ワクワク感がすっかり僕が(どちらかというと)ローラーコースターが苦手ということを忘れさせていました。
結論から言うと僕は二度と乗らないと思います(>_<) 自分が想像している角度よりさらに2割くらい角度が急な感じでファーストドロップを落下するのです。 かなり大きめのバケットシートにドリカムの曲がなりながら走る3分間は「アカンて!アカンてぇ〜!」といいながらすごしました(涙)
その後、ETザ・ライドに乗ったんですが、ノーズダイブの瞬間に
さっきのローラーコースターがフラッシュバックしてきて身構えてしまいました。
乗られたことがある方はご存じでしょうが、コワイとは無縁のライドなのに・・・。
トラウマになってましたよ。
ターミネーター3Dは映像と舞台がドッキングした僕は大好きなショーの一つなんですが、
今回はたまたま、前方の席に座りました。
このショーはあまり前側には座らない方が良さそうですね。
スパイダーマンもライドとして完成されていますよね。
後に書きますがバックトゥザフューチャーの次世代ライドとしてふさわしい進化を遂げていると思います。
このスパイダーマンのときに一つのエピソードがありました。
並んで待つときには蛇腹のようなコースレイアウトだから自分の前後数十人は何度も顔を合わせるわけですが、
その中に40歳すぎと思われる恰幅のイイ男性がフェイスペインティングされていました。
ミュージカルCATS並のペイントをUSJ内でされたその男性もなんとも「イイ感じ」になってました。
ちょっと驚きましたが、恥ずかしがらずに仲間達と楽しそうにされている事に関心しました。
さすがにJR大阪駅あたりでは歩けないでしょうけれど、テーマパークの雰囲気がなせる技なんでしょうね。
そこへ、若いカップルが最後列に並びにきました。その時・・・。
その男性を見た二人がゲラゲラ笑いながら歩いていったんです!
男性を見たときも驚きましたが、このカップルの笑いっぷりにはもっと驚きました。
そのカップルが歩き去るのを寂しそうに見つめていた男性を見て本当に気の毒に感じてしまいました。
みんな非日常を楽しみに来ているだからもう少し配慮があってもいいのではと思ってしまいました。自分への戒めとします。
昼食をとり、ぶらぶらと歩いていたらセサミストリートのダンスカーがいました。
なにげに見ていたんですが、周りにかなり長い望遠のレンズをつけたおじさんがいます。
気がつくと6〜7人はいてます。なんで?と思っていたら、分かりました。
踊っている中に1人かわいい女性が入っていたんですね。
長いレンズつけたカメラはすべてテニスの観客みたいに女性の動きにあわせて向きが変わっていました。
この写真にはその女性が写っていませんがかわいらしい女性だったことは報告しておきます。
(この写真ではグリーンの男性の影にかくれているようです。写ってなくてすみません)

ウォーターワールド見たさにアミティビレッジと言われるエリアを歩いているとマーチングバンドの演奏をしていました。
すごく楽しげで正直、姪以上にはしゃいでしまいました。

ウォーターワールドは、その名の通り水を使った舞台です。
観客もびしょぬれになるかもしれないこの舞台は観客席がぬれるエリアとぬれにくいエリアに分かれています。
今回は姪のたっての希望でびしょぬれエリアに陣取りました。
終わった頃にはすっかりびしょぬれになってしまいましたが、十分楽しみました。
ウォーターワールドの興奮も冷めないうちに次はウィケッドを見に行きました。
ウィケッドはブロードウエーで現在人気のミュージカルで東京では劇団四季がやっているそうですね。
その短縮判(?)を見たんですが、フルサイズ版を見たくなりました。
関西でも劇団四季はやってくれないでしょうか?
その後疲れた身体に鞭を打ちつつ行ったのがジョーズです。
何度か乗ったことがあったので左側が一番イイ(ぬれる)席なのは知っていました。
すると事情を知っている(自分はぬれたくない)彼女は僕を一番左になるように並ばせました。
ところが、実際に座るときには5人がけくらいですから僕のさらに左に他の方が来られて僕は真ん中に。
彼女はというと一番右になっていました。結局、一番ぬれたのは彼女でした。
最後に乗ったのがバックトゥザフューチャーライド。
これは乗り物自体は移動しないのに目の前の映像とガタゴト揺れるシートでまるで移動している錯覚に陥る代物です。
最初は目の前にガレージのシャッターのセットがあるのにいつの間にかスクリーンに切り替わる演出の巧みさに舌を巻いてしまいます。
今回は雨に遭わないで済んだので園内ではマーチングバンドやダンスチーム、パレードなど
屋外イベントが中止にならずに行われたのは本当に良かったです。
最後にもピーターパンの舞台もあり、姪には十分楽しい一日になったんではないでしょうか。
翌日の月曜日(今日)、学校で友達に話なんかしてくれていたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>