月別アーカイブ: 2012年2月

仮)Vigoreリフレッシュ計画

なんとなく、ヤフオクで中古のフレームを眺めていたら、
思わずフェルトを手に入れてしまっていました。
フェルトF65はVigoreよりはよりレーシーなわけですから、
今後のカスタマイズの方向にもそれぞれ変化が出てくるかなと思っています。
意外とアルミフレームとチューブレスの
組み合わせがいいこともわかってきたのも影響しています。
これまで活躍してくれたVigoreには、
より楽しくするためのカスタマイズを計画中です。
これまでVigoreはできる限り軽量に、運動性能あげる方向にカスタマイズしていましたが、
そういったことは、アルミ+カーボンフレームのフェルトの方がいいはずですし、
Vigoreはクロモリらしく(?)もっとラグジュアリーな方向へ振ってもいいんじゃないかな〜と
思っています。
今後の計画としては、Vigoreに取り付けられているSelleSMPなど
これまでのカスタムをフェルトに移植しつつ、
Vigoreのカスタムは新たにパーツを購入していくというもの。
実は脳内にはほぼイメージができています。
少しだけお話すると、メインの変更箇所はやはりWレバー化です。
お約束を守りつつ、しかし当たり前すぎる変更はしないように意識しています。
今回のシーズンオフはフェルトを作るというイベントをやらかしてしまったので、
実際に実行するのはおそらく次回のシーズンオフです。
まだ10ヶ月くらいは先の話ですね〜、先が長い〜。

江文峠って・・・。

パンクの修理が完成してとりあえず走りに行ってみようと、
土曜日の11時ごろに出かけました。
いつものような朝に出かけると寒くて体壊しそうなので
お昼の暖かい時間の2時間以内で帰る予定でした。
日差しも暖かかったので、江文峠へ向かいました。
そう、前回路肩の石でパンクに見舞われたあの場所です。
焼却炉前のバイパスを越えて江文峠へ。
峠の1キロほど手前にある自販機前で先週は死にかけましたが今回は無事に通過。
そうして、江文峠を越えて大原方面へ行き、帰宅。
あんまり速度が上がらないのが気がかりでしたが、
とりあえず、無事に帰ってくることが目的だったので、今回はOKということで。
さっさと着替えて午後の用事に出かけていきました。
さて、その翌日の日曜日、またしても暖かい時間だけを狙って、登りに行きました。
江文峠とかだったら、雪の「ゆ」の字もありませんから、普通に使えますね。
所要時間も短くて軽く行ってみるには便利な峠です。
エッチラオッチラ登って行って大原側へ着いたころ、
やっぱりこの峠物足りないなと思って、往復することにしました。
結局2往復して元きた焼却炉前のバイパスを通って帰宅して、本日もまたお出かけ。
ある人に言われたのですが、この峠最低5往復くらいでちょうどでしょ、だって。
僕はまだまだですね。

チューブレスタイヤパンク修理再び。

先日のタイヤパンクに見舞われてから
今はチューブが入ってる状態です。
この状態ではチューブレスとは言えないし、
次パンクしたときのことも考えてチューブレスの修理。
ネットで探してみるとチューブレス用パンク修理キットがあるみたい。
でも今回は普通のパンク修理キットを使ってみます。
んで、調べてみるとここ!穴空いてます。
チューブレスタイヤの穴
表側から見るとちょっとわかりにくいけど開いてます。
2012-02-02 21.50.07_R
ヤスリかけてゴム用糊でパッチをつけてみました。
2012-02-02 21.50.56_R
当然、バルブをホイールにつけてチューブレスタイヤをセット。
2012-02-02 21.57.43_R
風呂場で石鹸水でアワアワにして空気を充填。
パン!パン!と浴室で響き渡らせてはまりました。
この機会を使って前後のタイヤ入れ替えをするつもりだったので、
修理タイヤは前輪にはめました。
ということで、リアもタイヤを浴室ではめました。
んで、後ろ振り返ってフロントタイヤ見たら、
リムのところから泡が・・・・。
こういうところから徐々に空気が抜けていくんですよね。
2012-02-03 20.07.44_R
ということで、もう一度はめ直し。
パン!パン!って3回目の音。
石鹸を綺麗に洗い流して完了。
一仕事ですわ。
空気入った状態で傷部分をみるとこんな感じ。
2012-02-03 20.20.16_R
結構大きい穴だなぁ。
普通のタイヤ修理キットでよかったんかなぁ〜。
かなり不安ですが、今回は実験ということで。