月別アーカイブ: 2011年12月

年末のロードバイク走り納め

大晦日の今日は朝からいつもの友人Uと今年最後のロードです。
寒いから実走が少なくなってきているので、
ちょっとでも時間があるなら走ろう!ということで行ってきました。
2011-12-31 08.24.15_R
実はあんまり冬服装備がないのですが、
先日のシューズカバーをつけての出走!
あ〜!写真撮ってない(笑)
でも、走り始めはいい感じですね。
当たり前だけど、風通さない。
2011-12-31 08.53.55_R
でも、結論からいうと5分でしびれ切らすのが、20分に伸びた感じ。
では集合してスタート!
桂大橋から流れ橋まで行って、帰ってきました。
途中、桜の木を見たら、桜咲いてた!!
大晦日の桜と自転車
大晦日に桜見るなんて縁起がいい!ってことで。
さて、その後はまっすぐ帰ってきて、二条城の前を通ったら迎春準備?してました。
2011-12-31 11.40.26_R
明日からは2012年ですね。
12年はさらに自転車走って生きたいですね。

2011年最後のwiggle買い物CASTELLIシューズカバー&グローブ

wiggleで今年最後の買い物しまいた。
20日に注文して、28日に到着しました。
今回の小さい袋に何が入っているかといいますと、
2011-12-28 09.53.03_R
冬季の防寒グッズです。
カステリのシューズカバーとグローブ。
2011-12-28 10.14.10_R
先日の走りで一番困ったのは手足の寒さ。
胴体は問題なし。でも指先や足先はやばかった。
空気がズバーっと抜ける靴ですから結果、カバーです。
カバーって言ったて、暖かくなるわけでなく寒くなりにくいってことですから、
あまり過剰に期待はしないようにしないと。
今後使用した結果がわかったら連絡します。

FELT F65で試乗。その2

この冬一番の寒い気温の中、流れ橋まで行ってきました。
FELT F65改(スラム×シマノ)なんですが、
風が強くまったく速度が出ない。
まぁ、風を理由にしてしまいましたが、
本当のところ、走れてないですぇ〜。足が回らない。
やっぱり、秋に膝痛でまったく走らなかったのが原因でしょうか。
それはそうと、その前日はVigoreに乗ったんですが、
うわーこんなに違うんだ!っていうつもりだったけれど、
そんなに違わないって思いました。
もちろん、重量差からくる「乗り」というか
速度感はちょっと違うかな・・・?
とは思いましたが、さほど大きな差とは思えませんでした。
いずれ、両方をとっかえひっかえ乗ってみて差を感じてみたいです。

新導入フェルトF65のインプレッション

いつもの通り友人Uと桂大橋で待ち合わせしてスタート。
まず感じたのはスラムのダブルタップレバーの印象。
もうあちこちで語られているので操作方法は割愛しますがシフトアップは簡単。でも・・・。
当初、シフトダウンはシマノの慣れが影響してブレーキレバーを押し込みそうになる(笑)
また1段だけ落としたくても
どこまで押し込めばいいのかわからなかったり最初は戸惑ってしまいました。
また、仮にトップに入っていることを知らずにもう一度シフトアップしようとすると
逆にシフトダウンしてしまう(笑)
まぁ、もう少し乗れば思い切って操作できるようになると思います。
慣れてくると一気にシフトダウンできるし、
巷言われるようなシフトタッチの悪さもあまり感じないし、
シマノのシフトの優秀さは承知の上で、
クリック感が小気味良くてスラムはすきな部類です。
また、レバーそのものもブレーキとシフトを
一体化しているシマノより構造が簡単で重量的にも有利だろうと思います。
というのがスラムの印象。
さて、フレームの印象ですが、これがいい。
これまでの僕にとってアルミのフレームは忌み嫌うものでした。
ところが、ビゴーレ店で乗ったアルミモデルや、
バイク師匠Jさんのピナレロに乗る機会をいただいて印象が変わり始めました。
そうして、今回のバイク製作にいたったわけです。
桂大橋から流れ橋までのど平坦ですが、この間の走行感も悪くない。
それはカーボンフォークが小刻みな路面感触を伝えない!からと思います。
そのくせ、クランクBB付近(ダウンチューブからヘッドの辺りかな?)は
硬いというかしっかりしていて気持ちがいい。
しっかり踏んでいっても気持ちよく加速していく!
いいですね!このアルミバイク!
自分の口からアルミバイクがいいなんて出るとは!
1322356103805_R.jpg
写真は友人UのVigoreと新導入の僕のFelt F65です。
この写真の周りには写っているバイクの3倍くらい並んでます!
これより前にテストライドで左京区の焼却炉前の登坂をしたんですが、
軽さが影響してどんどん登る。
う〜ん。ちゃんとした坂を早く上ってみたい!
それから一番の好印象はダンシングしたとき、
左右にバイクをふった時の車体の軽さが最高!
おかげでぐんぐん進むじゃん!
クロモリとアルミがこんなにも違うなんて知らなかった!
面白いよ〜。
今のところ、こんな風に面白さばかりが目立っています。
でも、今はまだ50キロ程度しか走っていませんから、
総合評価は決められません。
一般的にいうとロングライドのクロモリ、短距離のアルミっていうように
やはり評価してしまうのでしょうか。
今後オーバー100キロのロングライドをやってみなきゃと思います。
当時の完成車価格もさほど高くなく今回の制作費としても
まぁ比較的、安く仕上がりましたし、下駄バイク的扱いもできるかなと思っています。
今後、フレームだけ交換というようなこともあるかもしれません。
そういう意味でもヤフオクに出品できる程度の状態を維持しつつ
新たなるフレーム探しの旅路に出航してしまうかもしれません。
次は誰かカーボンバイクに乗せて!!!

ようやくロードバイク組みます!

さて、長ったらしくパーツ購入の話を書いてきましたが、
ようやく全部そろいました。
わくわく感を持ちながら自転車組みをスタート!
2011-11-23 14.05.26_R
BBは工具持ってないから取り付けてもらいました。
その後、やっぱり早く自転車の姿にしたくてホイールとハンドルを取り付け(笑)
2011-11-23 14.17.03_R
んで、トップチューブの中をブレーキワイヤーを通すんですが、
アウターケーブルを通そうとしても思ったとおりには貫通してくれない。
そこで、いったんインナーワイヤーを通して
一番細い六角レンチでチューブ内のワイヤーを掻きだす要領で引っ張り出します。
そのワイヤーをガイドにしてアウターワイヤーを貫通させます。
作戦成功です!
2011-11-23 14.47.50_R
寸法を調べてワイヤーカッターでぱっちんと切断。
この長さを決めるのが緊張!だって間違ったら大変じゃないですか!
2011-11-23 15.59.08_R
その後、ブレーキ本体を取り付けてレバーから通したブレーキワイヤーを
先ほどのアウターケーブルを通って後輪ブレーキに取り付け。
ハンドルを両サイドにフルに切った状態で
ケーブルが引っ張られない程度の距離で切断してそれぞれの箇所に接続。
とりあえずブレーキは機能するようになりました。
続いて、リアディレーラーをフレームに取り付け。
2011-11-23 16.22.56_R
クランクもBBに挿入して左側のクランクも取り付け。
2011-11-23 16.40.52_R
2011-11-23 16.43.54_R
まだ、ケーブルはつながっていませんが、ロードバイクの形になってきました。
2011-11-23 16.58.34_R
チェーン、リアディレーラーも接続。どんどん進みます!
はい、お次はフロントディレーラー!ガチャチャ・・・あれ?動かないなぁ〜。
そんなことを何度か繰り返していくうちに壊したらどうしよう!って
急にビビッてきてしまい、自転車駆け込み寺「きゅうべえ」にツイッターで助けを求めました。
そんな事態も、ずっとツイッターで取り付け実況中継をしていたので、
チームクレア本部にも筒抜けでした(笑)
さてきゅうべえに持ち込む日、前後ブレーキは利くので自走で行ってきました。
駆け込み寺の住職きゅうべえスポーツ店長にチェックしてもらうと、
「ん・・・・これは・・・・(店長)」「え?だめですか?(僕)」
フロントディレーラーだけでなく、いろんなところが不合格でした(笑)
そうして、無事に変速できるようになったのにチェーンのどこかが引っかかる・・・。
「どっか、根本的にまちがっているような・・・?」(店長)
え?根本的に?え、えぇ〜!えらいこっちゃ。僕じゃわからんよ〜!(僕)
よ〜く調べてもらうと、フロントのチェーンリングにバリがあるのを発見してくれました。
指で触ると、おぉ!ほんまや!こんなのよく見つけるな〜。
それも綺麗に直してもらいました。ほっ。さすがプロ!
ってか、そんな他店(海外通販)のものまで面倒見てもらった・・・。ありがとう!
結局すべての部品の取り付けチェックをしてもらいました。
いや〜、そこまで問題ありましたか、ハハハハ。
あと、美しく仕上げるポイントを一つ一つ教えてもらいました。なるほどな〜。
そういう目に見えない箇所もきっちりと美しく仕上げるから、
そこはかとない速さや美しさ、かっこ良さがオーラのように現れるんだろうな〜。勉強になりますよ。
完成したロードバイクを測ってもらったら車重は8.3kg台。
カタログモデルF65は8.17kgらしいので負けてますけれど十分軽いですよね。
今回はロードバイクを自作するという深みに足を踏み入れてしまいました。はっきり言って面白かった。
自転車を組むにあたって教則本など読んだりして注意しながら組みました。
新しい発見がそこかしこにあり、自転車がこんなにもシンプルで複雑(変な言い方ですが)なものなのだ、
ということがわかったのも一つの収穫です。
また、自分が組んだバイクをプロの手できっちり直してもらったお陰で、
自転車屋の作業の細やかさや技術の熟練度などがわかったのも大きな収穫でした。
これは完成車を引き取っていたのではわからない事だらけです。
そういう意味で、非常に有意義なプロジェクトになりました。
工具を握るのが好きな人は一度チャレンジされることをお勧めします。
また、完成車を買うよりも愛着も湧きますよ。場合によったら完成車より安いし。
2011-11-26 10.40.46_R
後日初ライドに行ったときに撮影しました。
2011-11-26 11.23.50_R
サドルやシートポストはVigoreからの移植(というかVigoreのチューニング後の残りパーツ)
2011-11-26 11.24.21_R
中古フレームですがアルミカーボンバックだし、メインコンポはスラムとシマノMIXです。
数万円で作ったロードバイクには見えないと思いますよ〜。
2011-11-26 11.23.36_R

ハンドル&ブレーキ(105)FD(105)をきゅうべえで購入。

キャノンデール返品騒動以来、
京都、下鴨神社の程近くにある自転車店きゅうべえには本当にお世話になっています。
ヤフオクでフレームを買うという失礼な僕にも適切なアドバイスをくれたり、
本当に面倒見てもらいました。
ここまでめんどう見てもらっておきながら何も買いませんでは人でなしです(汗)
だからというわけではないのですが、
海外通販を使うほど高額(国内価格との差額)でもない商品は
頭からきゅうべえでの購入を考えていました。
ハンドルとブレーキとフロントディレーラー、さらにチェーン。
購入時期としてはそれぞれまちまちですがブランドはシマノ105(5700)です・・・・。
あれ?シマノ使わないんじゃね〜の?と言われるとごめんなさいというほかありません。
ブレーキはサードパーティのパーツは多いですよね。
でも信頼性という観点ではイマイチ信用のおけないメーカーが多いイメージです。
あくまでイメージですが。
価格と信頼性を見ていけば見ていくほど「シ・マ・ノ」が台頭してくるんですよ。
マーケットの大部分を占めている理由の一端を見てしまいました。
ということで、5700系105ブレーキ前後を購入。
2011-11-05 11.37.40
フロントディレーラーはスラムのダブルタップレバーに対応する必要があるわけですが、
シマノ&スラムMIXをしている人がすでにいてるんです。
だったら、シマノの方が信頼性はあるし、リーズナブルだし・・・・ねぇ。
あと、ロードバイクのスタイリングに大きな影響を与えるハンドル!
影響あるなんていいながら特にコレッというのはありませんでした。
そこで、きゅうべえのお兄さんにツイッターで相談したところ、
新車外しのパーツでもよければありますよ、となんとも親切な申し出!
しかも見事に僕のサイズ420mm(C-C)だし!
ありがとう!きゅうべえ!
二つ返事で頂きます!!!ってなりました。
スコットのアルミ製ハンドル。格安で譲ってもらいました。
これでめでたく全部の部品がそろいました。
残りのパーツはあまりものを使います。
2011-11-20 13.17.55_R

スラムAPEXクランクをWiggleで購入しました。

いろいろ考えたんですよ!本当に。
FSAとかな〜とか、スギノは渋くてかっこいいよね〜とか・・・・。
そんな風にいろいろ考えた末に結局選んだのは
SRAM APEX 50-34T 172.5mmです。
面白みのない結果にしてしまいました・・・・。
2011-11-26 11.24.35_R
すでに取り付けてある写真ですが、
実は部品の状態では撮影していなかったようです!
クランクもいざ自前で買うとなると高いパーツなんですよね!
カーボンなんて言い出した日にはフレームの落札価格超えてしまう!
シマノならコストパフォーマンスは最高!でも普通すぎるなぁ〜。
ということで、性能はともかくデザインはゆるせそうなスラムのAPEXにしてみました。
Wiggleのバウチャーを使って1万円を切る価格にしてポチっとしてみたのです。
新品でこの値段は安いと思うんですよ。きっと・・・・。
送料もつかなかったし。
こちらもポチっとしてから10日ほどできました。
当然、こちらもRoyal Mailなので荷物追跡はできません。
今回も前回と同じ郵便のおっちゃんが持ってきてくれたのですが、
これは関税はかかりませんでした。どないやねん。
よく見るとなんか寂しいけれど、しゃ〜ないわ。
グレードとしてはシマノティアグラと同クラスのはずだし、
まぁ、こんなものなんでしょうね。きっと。