月別アーカイブ: 2011年7月

今日は持越峠を自転車で登りました。

さすがに花背峠を二日連続で登る根性はないので、今回は持越峠(だけ)です。
産大グラウンド前を通って登っていくと
もう帰ってくる?ローディさんが数名・・・。
そんなに遅く出たつもりないけど・・・。
でもなんとか持越峠前に到着。
勢いで登らず、いったん仕切りなおしてスタート!
いきなり斜度がきつくなってきます。
うん?花背峠より斜度きついのかな?
斜行したくなる気持ちを抑えつつ、
登って行くとつずら折れ?区間に着ました。
おお、前回はここで休憩して写真撮っちゃったなと思い出しつつ、超えていきます。
なんとなくここを超えるとすぐって思ってたので、
ここを超えられたから持越峠は制覇だ!と思ったらまだまだありました(汗)
2011-07-31 09.53.18_R
でもなんとか、足つきなしで頂上に到着できました。
2011-07-31 09.59.02_R
いや〜よかった。
こうやってふもとの民家が見えるとやった感がありますね。
でも、もっと軽く登れるようになりたいですね。
2011-07-31 10.07.24_R

花背峠(4週連続)に自転車で行ってしまいました。

夏は目覚めがいいです。
今日も朝早く起きられたので、
Vigoreで走りに行きました。
今回も、花背峠です。
なんで、こんなに同じ場所ばっかり行ってしまうのか
自分でもわかりません・・・(笑)
自宅をスタート後、鞍馬寺までまず走って、そこで仕切りなおして改めてスタート!
鞍馬温泉の看板を過ぎたところからが山道っぽくなりますね。
鞍馬寺にて
さて、あんまりあわてて走っても息切れしてしまうので、
ゆっくり目で走るのですが、いろいろ工夫しても毎回同じところで
足つきしてしまうんすよ。
ふぅ〜と一息ついていると下から一台登ってくる・・・。
何気に見てみたら女性だった!
僕よりもよっぽど速い速度で登ってきてる感じ。
負けてられない!って思いながらも離れていく・・・。
うーむ。いつか抜ける体力つけてやる!
斜度が。
その後つづら折れの辺りでもう一度休憩して登る。
む〜。二回もの休憩して登っている人いてるんでしょうか?
坂が大変。
とかなんとか考えながら、山頂に到着。
雨がポツポツ降ってきた。
北側に下ろうと思ってたけど、中止してまっすぐ京都方面に下山。
先週よりは遅い時間だったからか、
下っている最中は登ってくるロードの数がとてつもなく多い!
すれ違うたびに挨拶交わしていくのも忙しいくらい(笑)
鞍馬寺にもどったときには雨も降ってなくて、
ここでもって来たおにぎりを食べました。
そういえば観光客の多さにも驚いた。
行きしなは観光客ゼロだったのに。
お腹も満たしたところで、さらに下ります。
まだまだ登ってくる自転車多いですね。
なにかありましたっけ?

今週もVigoreで花背峠(3週連続)登って来ました。

毎週末恒例と化しつつある朝練で、今週もマイブーム花瀬峠(3度目)へ。
実は土曜日も行きかけて体調よくない感じだったので、焼却場付近でUターン。
無理せず帰宅しての翌日曜日朝に再チャレンジです。
中途半端に慣れてきたので、鞍馬寺での休憩もあんまり取らずスタート。
相変わらず、エッチラオッチラ、自分一人で登っているから許される速度で登って行きます。
名前も知らない橋をわたって、更に登って行くと最初は16キロから20キロくらい出てた速度も、
9キロとか一桁にまで落ちてしまうし、ギアもインナーローまで落ちて後がないしで、たまらず足つき!
2週間たっても完治しない虫さされがきっとこんな風に休憩していたときにやられたと思うと、
落ち着いて、休憩もできない!!
花背峠とVigore
この写真の箇所はおそらく最大の道幅のところです。
斜度を表現するにはもっといい箇所があるんですが、
そこは止まったら次に乗れるかわからないので、撮影できません(笑)
花背峠の北山杉とVigore
てなことで、虫に悩まされながらの休憩なので、
落ち着くことも出来ずに再スタートしていきます。
なので、すぐに息が上がってしまい、
100メーロルほど行ってすぐに足つきしてしまったり・・・。
そんな失敗をしつつもなんとか山頂へたどり着き記念写真をパチリ。
花背峠頂上のバス停でVigoreと。
今回はうまく行けば足つきなしでなんて、
色気をだして登ってみたらむしろ前回のほうが良かったくらいの失敗登坂になってしまいました。
山頂は唯一携帯の電波が届くところで、休憩なしでは登れそうにないってツイートしたら、
キューベイのお兄さんからカツを入れられました!
うん!そうだ!弱気じゃイカ〜ン!
いつの日か足つきなしで登れるようになってやる!
という意気込みで望まなくては。
余談
スタート前の点検でタイヤのバルブキャップが壊れているのを発見。
先端部分が取れてしまいました。
すぐには影響ないだろうと朝練行ってきましたが、
キャップどうしようかな・・・・。
タイヤバルブのキャップが。

体重が減ったことで起こった変化。

自分の様変わりかげんに自分でびっくりするんですが、
最近、山が好きです。
Vigoreで峠登るのが、俄然、面白くなってきました。
もちろん以前から楽しかったですが、
あまりに登坂が多いと気が滅入ってしまう感じで、
京都のローディ御用達の峠はあんまり行かなかったりしたもんです。
ところが、最近走りに行くというと「どの峠に行こうかな?」って思ってしまうようになりました!
こんなこと、本当にこれまで思わなかったです。
こんなことになった一番の理由は、体重が減ったこと。
身長179センチ、体重75キロ(ピーク時は78キロ!)だった僕の身体は
現在、67キロ台(軽いときは66キロ)です。
このダイエットはおやじ臭いお腹になってきてたし一念発起して始めました。
ダイエットそのものは食生活の見直しと夜型生活を朝型生活に変えたのが一番の原因で、
特に際立ってトレーニングしたわけではないんです。
自分自身をダイエットするだけで峠が面白くなるなんて。
あ、以前からくらべてペースは上がりはしましたが、前体重(75キロ)比ですから、
一般のロードバイク乗りの人のペースに照らし合わせると遅いグループですよ(笑)
10キロ近くの減量は、日常生活でも確実に身軽に動けるし、食事も美味しくなったし、
ロードバイクはさらに気持ちよくなったしでいいことずくめです。
一般的な生活だけでなくロードバイクまでもが魅力が増えたのは全くの予想外。
あ、それからロードバイクを10キロも軽くはできないし(笑)
そういう意味で言えば、格安の軽量化でしたね。

花背峠、今週もVigoreで登ってみました。

先週に引き続き、花背峠にいってきました。
今回は足がみょーにだるく行くのをためらったんですが、
いってみたら何とかなりました。
先週の虫刺されがいまだにかゆいなか、
素肌は見えないようにして、9時にスタート。
産大グラウンド前を通ると一台に抜かれました、
直後に右折なんですが、もう一台が合流して三台が並んで登ることに。
三台が並んで頂上まで行ったんですが、取り残されずに走れて
「あれ?もしかして登れる?」って勘違いしてしまいました。
そんな勘違いもしつつ、鞍馬寺まで来て
水の補給をしていよいよアタックです。
前回同様、まっすぐ見通せる道で休憩できない斜度が
延々と続いて気分がめいります。
後半のつづら折れに差し掛かると終わりという
イメージを持ちつつ走っていくことが唯一の希望です。
ところが時たまつづら折れ風の箇所があり、
もう終わりか!と勘違い数度。
峠に到着したときには11時をさしていました。
鴨川のコンビニによったのが9時40分で
鞍馬寺でメールしてたのが、10時すぎなので、
1時間弱くらいで登った感じです。
これって普通くらい?それとも遅い?
途中、三回ほど休憩しました。
いつか、足つきなしで登頂したいです。
そしたら、もう少し時間も短くなるかな?
さて、今日はこれにて終了。
折り返して帰ります。
む〜、くだりでも怖い花背。恐るべし。
あっという間に鞍馬寺に戻ってきました。
そのままさらに下って帰宅。
今日も面白かったです。

自転車トラブル・・・かな?

昨日のサイクリングで気になることがひとつ発生していました。
アウタートップにギアが近づいてくるとカチカチって音がしてる。
音を嫌って別のギアにしたり・・・結局思ったギア選択できなかったりしたんですね。
そこで、京都に帰ってきたときにそのままビゴーレ店によって、
助けてもらいました。
症状について説明すると「あ、それはフロントディレーラーのワイヤーが伸びてるわ」と。
「普通は1〜2ヶ月でこうなるねん」って僕はあんまり走ってないってことかな?
あんまり負荷のかかるチェンジをしないできたんやろうね・・・とのこと。
チェーンに負荷をかけている時にフロントのディレーラーを
グイっと引っ張ると・・・伸びてしまうんだそうです。
そういえば最近は、山が面白くてよく登ってるからな〜。
それも仕方がないかも。
さて、ベタなトラブルですが、これも経験です。

鞍馬ー花背峠ー周山街道へVigoreで行ってきました。

前日ツールも見ずに早寝して7時に自宅を出発!
今日の目的地は花背峠の攻略。
最近、生意気にも登坂が楽しくなってきたので、
チャレンジしてみたくなったんですね。
さて、がんばって起きたので、がんばって走りましょう!
産大前を通って登って行くと、
結構あっさりと鞍馬寺まで着いてしまいました。
ここの段階でちょうど8時です。
2011-07-09 07.57.32_R
あれ?こんなに簡単なん?って思ったのが失敗。
この後の花背峠までがとてつもなく大変でした。
つづら折れが延々に続くんです。
一つ一つは大したことなくてもこれだけ続くとう〜んとうなってしまいます。
その間にも後ろから抜き際に「こんにちは!」っと挨拶されること数回・・・。
はい、僕から抜くことなかったですが、なにか?
エッチラオッチラ登っていいったらですね。
左上に北山杉の伐採をしている林業の方たちが。
ぐるっと左カーブ曲がったら、下にさっきの林業の方たちが。
どんどん登ってるな〜。
2011-07-09 09.12.21_R
杉の合間に見えるのがさっき通った道。
あぁ、どこまで登るんでしょう・・・?
数回休憩しましたよ。
やっぱり大変だ〜。
唯一、ほっとさせるのは北山杉の影で涼しいことくらいか。
そうこうしているうちに峠に!
やった!登頂成功!!
ここで、9時過ぎ。
2011-07-09 09.19.06_R
コース断面図を確認すると、この後はほとんど下り基調。
もう行けたも同然だ!
ってことで下りスタート!
477号線を気持ちよく走っていきます。
ほとんどこいでないですね。
こんなきれいな川が流れているんですね。
2011-07-09 09.49.11_R
はっ!なんか痛いなと思ったら、二箇所もヒル(ブヨかな?)にやられてました!!!
こんなところまで来て気がついた!
そういえば北山杉の辺りは日陰でじめっとしてたな。
休憩してた間に狙われたのか・・・。
悔しい・・・・。
悔しい気分も走り出すと忘れます。
それくらい気持ちのいい道ですね。
つりされている人も気持ちよさそうだし。
2011-07-09 10.04.39_R
2011-07-09 10.17.20_R
百年桜という桜があったり、完全に観光気分です。
2011-07-09 10.17.56_R
こんな停留所もあるし。
2011-07-09 10.19.05_R
こんなところで休憩したり。
2011-07-09 10.40.40_R
栗尾の交差点まできたころ、11時ちょうど。
道の駅「ウッディ京北」。
ここではゆっくりしました〜。
リスタートしたのが、11時40分くらいだったから、30分くらいはいましたね。
その後、周山街道に向かって走り、栗尾峠越えて京都市内へ。
この道。
自転車で走るには楽しくないですね・・・。
京都市内に入ってビゴーレ店によっていろいろお話してから帰宅。
2時回ってました。
ビゴーレ店で話してたのが一番長かったな。
今日のコースは花背峠までの登り、栗尾までのカントリーロード、周山街道の三部作でした。
花背峠まではしんどいながらも面白いです。
体調万全で挑みたいですね。
カントリーロードはのんびり観光気分で走れます。
周山街道は車も多いし、できることなら走らないでおきたい道ですね。

Vigore、朝練してきました。

今朝は早起きができたので、
ロードバイクの朝練に行ってきました。
朝練なんて大げさですが、
朝に走るの気持ちいいです。
今日は鴨川〜雲が畑〜持越峠〜京見峠〜鷹が峰ってコースです。
鴨川沿いを登って行くと焼却場方面へ向かう道がありますが目もくれず、
まっすぐ走っていきます。
雲が畑、のんびり走ります。
朝に走るのは本当に気持ちいいですね。
青空も見えてますし。
雲が畑
そうこうしているうちに持越峠への入り口が見えてきました。
京都のローディにとって、よく出てくる峠ですね。
橋を渡っていよいよのぼりです。
う〜ん、のぼりきついですね。
それでも、けっこう登れている印象はあります。
距離も短いし。
持越峠
あ、一番の難所でこんな写真(下車)とってたら、だめですね(笑)。
さて、登りきったら、これまたすごいダウンヒルで
ブラケットで持っていては減速しきれない。
下ハンでブレーキかけながらゆっくり走ります。はい、あんまり攻めてません。
一番下まで、きてどうしようかと思案。
周山街道へ行くか、京見峠にいくか、う〜ん。結局は京見峠に行きました。
京見峠。
これまた京都のローディ御用達の峠です。
気合入れていくぞ!って思って登って行くと、峠の茶屋に到着。
あれ?こんなに近かったけ?
あ、裏京見峠だった・・・。
そうなんです。北側からアクセスする京見峠はそんなに大変じゃない。
あ〜。また今度来ます。