月別アーカイブ: 2011年5月

家のウォシュレット交換しました。

ネットの世界ではなんでも売ってますね。
通販で買いました。
ウォシュレット
従来使っていたウォシュレットが寿命を迎えたので、買いました。
まるでプラモデルでも作るように説明書を順番にたどっていくと、あら不思議。
ウォシュレット付きトイレにはやがわり。
いや、元々付いてたんですが。
森末がCMしているみたいな事にならんか、心配でしたが、
全くノートラブルで取り付けが完了。
ものすごく簡単にできるようになってます。
出張して取り付けてもらったらいくらするのか知りませんが、
Do It Yourselfの精神でなんでもやってみましょう!

電動アシスト自転車

この週末は台風の接近により、どこにも出かけられなかったのですが、
唯一、出かけたのが、市役所前で行われる京都アースライド
全国の各地で行われるイベントの京都編として開催されています。
メインのイベントは京都市内を自転車で走るイベントらしいですが、
残念ながら、前日に知ったので参加できませんでした。
でも市役所前の広場でも自転車関係のブースを出されるのでみてきました。
ロードレースのテレビ中継でおなじみの白戸太郎さんがいたり、
ブースにはサイクルキャップ屋さんや、サイクルレースなどの写真家さん、
京都市内の自転車屋さんなどなど、いくつかありました。
その中から、きゅうべいのブースでマウンテンバイク型の電動アシスト自転車に試乗させてもらいました。
電動アシスト自転車に乗るのは初めてです。
乗った印象は、あれは自転車なんでしょうか?驚くぐらいにアシストするんですね。
でも、こぐのをやめる(弱める)とアシストも少なくなる。
プログラムの巧みさも感じました。
まぁ、ひとつ気になるというか、変な感じしたのは、
途中シフトチェンジしたんですが、どのギアに入っているのかわからない・・・・。
だって、アシストするんだもん。
この自転車に変速機必要?って気分になりました。
結局、低いギアでアシストさせるのが、一番電力量が少ないらしいので、
その理由ぐらいしか思い当たらないですね(笑)
初めての電動アシスト自転車体験は驚きと、疑問の試乗になりました。
その後には、和柄のサイクルキャップのブースに。
この店は冬の宝ヶ池でのイベントでも見せてもらっていたので、
今回ようやく購入させてもらいました。
それにしても自転車イベントにとって雨は天敵ですね。
お客さんの入りが少なかったです。
これから梅雨ですね。
外のイベント事は雨に気をつけていきましょうね。

Vigore即席OFF会

讃岐うどんツアーの興奮も冷めやらぬなか、
今回は午前中だけ走りに行ってきました。
いつものとおりといえばそれまでですが、
桂大橋から流れ橋までです。
今回は異常に暑い!
日焼けが気になるとか思いながら腕だして走ってしまった。
友人Uと流れ橋で休憩していると、
カーボンフォークのVigoreの方がこちらに・・・。
「hiroさん・・・?」
友人Uがそういってようやく理解できました。
おぉ。とうとうhiroさんとお会いできた!
hiroさんはVigoreつながりでブログ仲間?っていうんでしょうか。
直接お会いしたことのなかったのですが、
お互いのブログは見ているので初めて会った気がしない。
友人Uも僕がなにかと話題にhiroさんのブログ記事を持ち出していたので、
同じようにブログ見てくれていたんですね。
僕よりも先に誰なのかをわかったぐらいですから!
hiroさんはというと僕らのVigore見つけて声かけてくださったんですね。
いや〜、しかし、こんなところでお会いするとは。
「いつかお店で。」というのが、合言葉みたいだったので、
ビゴーレ店でお会いできるものと思ってました。
お店では何度かニアミスはしていたのです。
「あ、さっきまでhiroさんいてた」とか「昨日きてたよ」とか聞いてたので。
友人Uのバイクも納車前の状態のときにビゴーレ店で見ておられてて
流れ橋で二度目のご対面だったんですね。なんかそれもおもしろい。
それにしても、突然のVigoreそろい踏みですね。
vigoreそろい踏み
真ん中のバイクがhiroさんのです。
このバイクは前のモデルで、フロントフォークがカーボンですね。
この写真ではわかりにくいですがシートステイの接合部分の違いや、
エンド部分のつくりとかちょっとづつ違いがあります。
このバイクもかっこいい。
ひとしきりお話させていただいて、流れ橋で別れました。
いや〜、こんなことあるんですね。
すてきなオフ会?になりました。

自転車(輪行)で讃岐うどん食べに行ってきた3

輪行袋にVigoreを突っ込んで、フェリーの待合所で休憩。
この瞬間でも山越うどんの未練が。
まぁ、そうは言っても始まりませんから、
フェリーに乗り込むべく待合所に行きました。
そういえば深夜便のフェリーに乗り込むときは並んだな〜と思いまだして
様子を見てみたのですが、だぁ〜れもいない。
乗り込む人少ないんだな〜。
とか思っていると、乗船時間になり、乗り込むと気がつきました。
「りつりん2」だ。僕ら走っている間に神戸〜高松間往復してきたんでしょうか。
ということで、まったく同じところに陣取って出港!
さよなら〜香川県〜。
讃岐うどんまた食べにくるぞ〜。
フェリーからのながめ
動き出して機がつきました。
ものすごい西日!!
熱いし!!
逃げてきたのが、椅子席。
ぼ〜と時間つぶしてました。
途中寝にいったりもしましたが、暑いし・・・。
友人Uはぐ〜すか寝てる。この状況で寝られるあなたがうらやましい・・・。
うろうろしているうちに明石海峡大橋が見えてきました。
おお!やっぱり大きいなぁ。
それから右手に見える島、淡路島。
淡路島
いつか行ってやる!っと誓いつつ明石海峡大橋をくぐります。
夕日に照らされる明石海峡大橋
くぐった後の夕日もきれいです。
夕日と明石海峡大橋
神戸港につくころには外は真っ暗ですね。
帰ってきたな〜と思っていたらきた!
ジャンボ、フォリィ〜♪って鳴り出した。
さすがの操船で接岸した、ジャンボフェリーを下船した時には午後7時回ってました。
このまま帰れば京都まで空腹だ。
ということで、Vigoreくみ上げて、神戸市内を徘徊します。
そして、晩御飯を食べて三宮駅に到着。
三宮
ここで、またしても、輪行袋に入れます。
う〜ん。やっぱりフェリーの間は輪行しなくてもよかったな〜。
まぁ、それはそうと、無事京都駅まで、新快速で帰ってきました。
いよいよ本当にゴールですね。
京都駅で輪行袋を解いてVigore完成させて、自宅に向けてスタート。
京都駅
途中で、友人Uとも分かれて本当に帰宅。
いや〜。面白かった。疲れたとかいうより、面白かったことのほうが多きいいです。
いつの日か、もう一度、讃岐うどん食べに行くぞ!!!

自転車(輪行)で讃岐うどん食べに行ってきた2

ガ〜っと寝てたら突然、
ジャンボ、フェリィー〜♪って音楽が!
うぉ〜。朝だぁ〜。
高松港の朝です。
朝日が気持ちいいですねぇ〜。
5時に接岸したので、下船しました。
とうとう我がVigore初四国上陸!!!!
ひゃっほーい!!
港でVigoreを組んでいると、どんどんローディが去っていく!
あ〜、この瞬間、そのまま乗せるべきだったかな〜って思います。
それから、目が覚めて数分ですから、なかなか準備できまへん・・・。
体起きてません・・・・。
とはいえ、5時半にスタート!!
普段の僕らではありえない時間帯ですが、5月の朝は気持ちいい!
まずは、高松駅に向かい、不要な荷物をコインロッカーに入れてからにします。
今回も相棒の友人Uが、「暴風注意」と出てたとの情報が!
それはいやな情報だな〜。
いやいや!そんな思いも吹き飛ばす一軒目に向かいましょう!
人通りの少ない高松市内の目抜き通りが気分を高揚させます。
高松市内
きれいな場所ですね。
といっているうちに一軒目に到着しました。うどんバカ一代。
とりあえず店内に入って、ぶっ掛けを注文。
うまい!
うどんバカ一代
レモンのさっぱりした感じが朝にちょうどいい。
うん、並ばなくていいのにこのうまさ!
この後のお店も期待です。
まだ一杯目ですから、お腹も軽くて、体も起きてきてようやく走り出した感じします。
そして、二件目は大島製麺所。
ここの名物はっと・・・肉ぶっかけ。
注文の仕方がどうするのかわからない・・・。
でもなんとか、注文して、食してみます。うまい。
まぁ、朝から肉はちょっとヘビーな感じは少ししますね。
大島製麺所
ほかのお客さんに自転車できてるんか?なんて、話しかけられたりして、
よそ者の僕らにもウエルカムな姿勢がなんともうれしい。
さて、次々!!
大島製麺所から出発
大島製麺所から出発しますよ!
次は、がもううどん。
讃岐スター店のうちの一軒ですね。
近所の麦畑がきれいです。
麦畑
さて、予定通り8時半の開店時間前よりも早く到着!
ところが、あれ?もう始まってるし。
開店前の列が多かったのかな?
どっちにしてもどんどん進むので、OKですよ。
がもううどん
うん。店内では大きな釜で湯がいてられますね。
おいしそうです。
そして、注文済ませて、鉢にうどんが入った状態で、
トッピングを入れて支払い、出汁を入れて完了!
うまいです!!
天気いいですし、外で食べました。
がもううどん
「Vigoreとがもううどん」というタイトルで写真撮ってみました(笑)
がもううどんとVigore
さて、この段階で9時ごろ。
次の目的地は山越うどん。
すぐの距離にあるはず。
ところが、ず〜と走っても、なかなか山越うどんに着かない。おかしいなぁ〜。
・・・っと、改めて調べてみたらどうも道間違えていたようです。失敗した〜。
迷った分だけ時間が厳しくなってきたので、思い切って遠い方の
谷川米穀店に行こうということになりました。
この判断が大いに間違いでした。
エッチラオッチラ走っていると、どえらい斜度の道に来てしまいました。
間違ってないのかな?でもこの道で合ってるはずだし。う〜ん。
すごい斜度
っと、迷いも心の片隅に覚えつつ、この峠を越えた後に、
改めてコースの確認と、時間の計算をしたところ、到底たどり着く時間はないことがわかりました。
午後3時半には出航ですからね。間に合っていないといけないし。
今日の風では思うように速度もでないし・・・・。
こりゃやっちゃったかな〜。
この段階で、うどん中心から走り中心になってきてしまっていて、
何しに来たんだかって感じになってしまいました。
とはいえ、谷川米穀店は無理でも山越うどんはもしかしたら、行けるかも!
という甘い計算で目指すことに。普通に考えれば無理な計算だったんですが。
「空いてたらなんとかなるかも」という妄想をしつつ、
ついてみたらこのとおり・・・・。タイムアウトだな。
山越うどん
僕の心の叫びが聞こえてきそうです。残念だ〜。釜玉ぁ〜。。。。。
山越うどん前で休憩
猛烈に後ろ髪引かれつつ、高松港へ向かいます。
ここに来てようやく、今回初めての追い風!
40km/h付近で走れてます。
もっと早くからこれだけの速度で走れればね・・・・。
高松市内の公園です
とはいえ、高松市内に入ってきました。
栗林公園というそうです。きれいですね。
いってみたいけど、もう時間が。
いつか行ってみます。
高松駅到着
とか言っている間に高松駅に到着。
コインロッカーの荷物を取り出して時計を見ると、14時15分。
よく考えると、朝の9時にがもううどん食ってから何も食ってない。
お腹すきました。でも、今からうどん探すのもめんどうだし、なにより時間がもったいない。
ということで、やむを得ず、近所の中華料理に。何しにきたんだか!
二人してあほらしい気分になりつつ、駅付近の中華料理食べました。
美味しかったことが唯一の救いです。
その後、高松城の前を通りつつ港へ。
高松城堀
おぉ!かっこいい倉庫がありますね。
港へ向かって
うどんツアーとしては失敗の、しかし、気持ちいい自転車ツーリングも
とうとうフィニッシュに近づいてきました。
香川県ありがとう!!また来るよ!
いつかわからんけど(笑)
フェリー乗りました。

勢い次号に続く!

自転車(輪行)で讃岐うどん食べに行ってきた1

冬の間から計画をしていながらまったく実行できなかった計画が讃岐うどんツアーですっ!
それがようやく実行に移されました。
全体の構成としては、
金曜日夜  JR京都駅から新快速で三宮へ
金曜日深夜 神戸港からジャンボフェリーで高松へ
土曜早朝  讃岐うどんツアー!
土曜3時半  高松港から再びジャンボフェリーで神戸へ
土曜夜   京都着。
・・・という結構な強行軍。
でもその代わり、宿泊が伴わないので旅費はリーズナブルです。
讃岐うどんもどの店に行くのかもようやく決まり、
いよいよ出発です!
夜10時半の新快速に乗車予定です。
夜の烏丸通をロードバイクで走るのは普段と勝手が違い、ちょっと怖い。
そんな思いをしながら、京都駅に到着してVigoreを輪行袋に詰め込んで、新快速のホームへ。
今回は先頭車両にスペースを確保していざ、神戸へ!
この先頭車両というのがツボだったのが、後にわかりました。
輪行で電車です。
無事に11時21分には、三宮に到着して最寄の出口から出ます。
改札口から出ると、あ、やっちゃった。
バスターミナルが遠い。西口から出てしまいました。
重いのに担いで東口に向かいました。
次回からは最後列の車両に行きますよ。
中央口を越えて、バスターミナルへ。
運転手さんに乗せてもらえそうか聞くと、
後部座席なら空いてますよ、ということで後部に積み込みました。
通路に二台積み込むといっぱいですね。11時30分シャトルバススタート。
数分後、乗り場で往復チケットを買い、そのまますぐの階段を上っていきました。
待合室には自転車のヘルメット持っている人が数名、
やっぱりいはるよね〜。これは場所取り競争かな?
でも、自転車持ってられないですね。
車と同じところに入れるんですかね。
11時50分ごろ搭乗ゲート前に行くともう並んでる!
待合所にいてたら、遅くなって場所取り負けるところでした。やばい。
ということで、Vigore担いで搭乗ゲート前の列に並びました。
ジャンボフェリー乗り場
そうこうしているうちにジャンボフェリーが近づいてきました。
うおぉ、大きいですね。なんかテンション上がります。
「りつりん2」というフェリーです。
どんどん、コンテナが出て行きますね。
搭乗ゲートも下船する人がぞくぞく・・・そんなに多くないですね。
その後、いよいよ僕らが乗り込む番です。
フェリーに乗り込んですぐに階段を三階まで上って大広間に向かいます。
一番奥のスペースが空いていたのでそこに場所を確保して自転車を置きました。
※ちなみに・・・
輪行袋客は真っ先に大広間へ行けます。場所の確保には都合がよろしい。
車両扱いで乗船した人は、駐車時間がかかり、その分大広間にくるのが遅くなるので、
混んでいるときは場所の確保で困るかもしれません。
ただし、そんなに混むことがないようにも思うので輪行袋のアドバンテージはあんまりないかも(笑)
しかも自転車組んでいる僕らを尻目にいち早く高松の街に消えて行かれたので、
その意味では、車両扱いで乗船した方がいいかもしれません。
さて、乗船して、場所の確保ができたら、
早速ビールを買い込み作戦会議をしました。そうこうしているうちに神戸を出港しました。
出港時間はもう1時ですから、さっさと寝て明日に備えましょう。
幸か不幸か、二台の自転車が間仕切りの役割もしてくれて寝やすい。
輪行袋置きました。
とはいえ、グロン・・・グロン・・・グロン・・・、
とエンジン音に慣れるまではなかなか寝られませんでしたが(笑)
続きは次号へ!

SelleSMP。セッティング後インプレ。

サドルの問題はもともとありました。
そのため「見た目重視」も手伝ってSelleSMPに変えました。
ところが、レールがしっかり締まっていないという失態をしてしまい、左膝を痛めてしまいました。
その後も、調整ができていないSelleSMPは違和感を与え続け、まともに走れない状態に。
その後、より調整がなめらかな(ようするに2ボルト式)シートポストEASTON EA50に変更と、
自転車屋さんQbeiのお兄さんのアドバイスのおかげで、きっちりとSelleSMPのポジション出しができました。
その後、あちこち走っていますが、未だにサドルに起因するトラブルはゼロ。
あれだけ痛かった膝も走っている間は「そんなのあったけ?」という感じでして、
セッティングの出ていないSelleSMPは故障の原因になりうるけれど、
ちゃんとセッティングのでたSelleSMPはかなりいいです。
セットしたときにも書きましたが、
独特なサドル形状から坐骨の「座り」がよくなります。
感覚的には垂直に座らされている感じです。
従来のサドルでは坐骨が前傾してしまい、前立腺も圧迫するような状態でした。
結果として、サドル先端に座るようになっていました。
ところが前序したように、SelleSMPの場合は垂直に座るので
前立腺へのダメージはないし、センター部分の空洞がさらに安心感につながっています。
その結果、足の運びにも無駄な力が入らなくなりました。
また、上半身も腰が垂直になったことで、背中が丸くなり、
腕もハンドルを支えるというより、添える感じになりました。
それまでは坐骨が前傾していたために上半身を支えきれずに腕に負担がかかり、
肩こりなどが発生していました。
シートについて
図にするとわかりやすいです、
今の乗車姿勢はいいようで、100キロ程度では従来のような疲れはありません。
肩や首筋にピリッとした痛みがあったりしたものです。
これってやっぱり上の図のように腕が突っ張っていたために背中に痛みが起こっていたんです。
自転車に乗るのにポジションなんて、
神経質な話だと思っていましたが、ポジション出しの重要性をまざまざと実感している今日この頃です。

チューブレスタイヤがささくれた!!

先日もいつものとおり、ロードバイクVigore号で練習に出たんですが、
途中休憩しているときにタイヤを見ていて気がつきました。
こんなことになってました。
ささくれてる
サイドウォールがささくれてます!!
すぐにはどうこうともないだろうから、そのまま行程をこなして、帰りましたが、ちょっと心配。
ネットで調べてみると、RBCCでは似たような状態になっている人が多い!!
あ、これはWH-7850SLの方ではなくて、WH-6700に装着しているタイヤです。
なので、1年使用した結果です。
トレッド面もすっかり平たくなってます。
ようするに寿命だということのようですが、さて、どうしたものか。

TDM900で奈良県へ行くの巻

昨日、準備したTDM900でのツーリングに参加させてもらうべく、
車庫から出してセルを回すと一瞬でスイッチオン!
昨日とはえらい違いだわ。
ノートラブルでいけそうだ。
では待ち合わせ場所の奈良県郡山IC付近のコンビニへゴー!
順調に進んでます。このまま行けば一番乗りできるでしょう。
・・・って、30分以上走っていたんですが、あれ?ここじゃないジャン!?
さっきの道を曲がるんだったんだ!
やっちまった・・・・。
余裕綽綽だった、道のりが急にボーダーラインぎりぎりになってしまいました。
やばし!
んで、到着時刻はTDM900の時計によると、3分遅刻・・・・。
むう・・・。
一番若造が重役出勤してしまいました。すみません・・・。
さて、今回の面子はオートバイツーリングではおなじみの面々。
バイク師匠Jさん、その師匠Uさん、Nさん、そして、Jさんの奥様!
今回、奥さんはJさんとタンデムでの参加です。
それでは改めてスタート!!!
相変わらず後ろついていくだけです。
結構走ったなぁ、と思ったころに休憩。
吉野郡にあるドライブインに。
ここの売りはこんにゃくなんだそうです。
うん、おいしかった。
天気いいし!
天気いいし、気持ちいいです。
その後、おひるを食べに天川村へ。
一箇所だけ突然、集落があり、観光地になっているんですね。まったく知りませんでした。
僕にとっては紀伊半島はまったく無知でどこ行くのも新しい発見がありうれしいです。
ゴールデンウィークですが、今でも桜が咲いてます。
今でも桜が!
うろうろしましたね。
途中、路面状態の悪いくねくね道を通りました。
あまり考えずに二番手の位置取りになってしまったのですが、これが失敗。
先頭とは千切れるし、後続には迷惑かけるしで・・・、
特にNさんにはストレスだったのでは・・・・。
亀ですから・・・・。すみません。
さて、道の駅で全員での最後の休憩。
紀伊半島の地図があって、見てみると、海にはまだまだ距離がある。
う〜ん、紀伊半島。広い。あなどれん。
その後、それぞれの方向に分かれて帰って行くのですが、
Uさんとは、別れる直前にコンビニで最後の休憩。
そして、ついにはUさんとも別れて、京都市内へ向かいます。
いやぁ、暗くなりましたね。
たっぷり遊ばしてもらいました。
車庫にぶち込んだときには19時直前。
やっぱり、面白かったです。
ひとつ残念だったのは、普段、自転車にも乗っているんですから、
同じ二輪だから、それなりに上達でもするかと思ったら、相変わらずの亀っぷり。
駄目っすね。
でも、相変わらず面白かったです。
ツーリングはまさしく旅ですね。
なにより、何人もの人たちと一緒に走る面白さ、初めての道の新鮮さがよかったです。
気分としては修学旅行と似ているような気がします。
ワイワイがやがや集まって旅をする。
面白くないはずないと改めて思いました。
車庫に入りました。
最後に、本日の走行距離は252キロでした。

TDM900が冬眠から目覚めるの巻

今回は久々にTDM900が主役ですっ!!
先日、バイク師匠Jさんから連絡をいただいて、
急遽ツーリングに参加させていただくことに。
幸いツーリングに行く前日に時間が作れたので、準備します。
車庫ではバッテリーをはずしておいたのでまずは接続、
キーをひねると、メーターの針が一旦、一気に振り切れてオールレディ!
おぉ!ちゃんとバッテリー生きてるし!
セルモーターを回すと、キュルキュルキュル・・・。
なかなか火が入らん・・・・。
ボン!バランバランバラン・・・・。
う〜ん。安定しまへんな〜。
前日の整備
それでも、電子制御ですから数分後にはシーズンオフ直前に戻りました。
さすが、日本製ですな。
バッテリーに充電しつつ、エンジンのウォーミングアップも完了。
京都市内をうろうろもしてみました。
翌日のツーリングに向けて、準備が整いました。
楽しみッス!!