月別アーカイブ: 2011年1月

Vigoreクロモリロード買いました。

いや、僕でなくて友人が。
昨日の土曜日、仕事をさっさと済ませて
3時すぎ僕の近所で待ち合わせです。
友人はいつも一緒に走ってくれているUなんですが、
僕の広告塔っぷり?に毒されたのか、vigore買おうと思うねん・・・。
と、衝撃発言をしてくれました。
そして、土曜日についに発注に付き合って行ってきたのです。
きっと彼は、僕のことをたててくれたのでしょうね・・・。
さて、今回は具体的に何をどうするか、という最高に楽しい発注作業があります。
コンポはなに使うのか?サドルはどれつけるのか?そして・・・カラーは何色にするのか?
この瞬間は楽しいですね!
僕としても、バーチャルな買い物感覚を味わえました。
数年乗った僕が今発注するならこれ!とか、いろいろ考えを巡らせるのも楽しいです。
自分が興奮していたので、横からちょっかいを出しまくってしまい、
本人には大変迷惑だったかもしれません。
サイズ選びとして、数種類のサイズのバイクに乗り比べてみたり、
カラーチップとにらめっこしたり・・・。
本当に楽しい時間でした。
数週間後には友人の愛車が納車されるでしょう。
その時にはまた、彼にとってはうれしさがより深くなることでしょう。
できれば僕が味わったようなうれしさ、楽しさを感じて欲しいです。

街乗りMTB号のスプロケット修理(←大げさ)しました。

最近、街乗りMTBのリア部分からカタコトと異音がしてきました。
よく観察すると、スプロケットとホイールの間にあるプラスチックの円盤が
中心の接続部分が割れて無くなってしまっていました。
なので、円盤ですから取れてしまう訳ではなくて、
ハブに挟まった状態でくるくる回転しているんです。
20年使ってきましたから、風化しても仕方がないですよね。
ということで、今回は取り外してみようと思った次第です。
スプロケットカバーが外れそう
さて、ホイールを街乗りMTBから取り外して、観察してみました。
ちょっと力をいれるだけでパキっと割れてしまう状態です。
風化したスプロケットカバー
スプロケット外さなくても割って取れるのでは?と思いましたが、
他に影響が出るといやなので、真面目に取り外し。
いや、汚れてますね。
街乗りMTBを買ったのは学生のころですから、20年ほど前です。
その当時はスプロケットを外すなんてとても出来ませんでしたが、
今では工具もありますし、エイヤっと外してしまいます。
なんか成長した気分ですね。
スプロケット外し。
外してみたらこんな感じでした。
汚れてる汚れてる!20年分のオイル汚れですね。
スプロケット外したところ
スプロケットに泥の侵入を裏から保護してきたこのプラスチックカバーはこの度退役です。ご苦労さまでした。
フリーハブの方も汚れてるぅ〜
フリーハブの汚れ
せっかく外したので、スプロケットは
パーツクリーナーで簡単に磨いてキレイにしました。
徹底的にやっていると僕の性分だと日がくれてしまうので適当なところで終了。
磨いた7速スプロケット
7速です。
年季はいってますね〜。
1枚だけばらせます。
汚れたロックリング
ロックリングもホラこのとおり。汚〜い。
綺麗になったスプロケット
んで、オイルつけつつ、組み直しました。
パテントとか書いてたんですね・・・。
パテント見える
今後はカバーがなくなるので、奥まで汚れるかもしれませんね。
その後、車体に取り付けて完成。
スプロケットの掃除完成

EASTON EA50SPに替えました。

前々回の記事でご報告していた、シートポストが手に入りました。
ジャーン!
イーストン箱
Eの箱です。
EASTON EA50SPです。
ちょっと寂しい写真だな・・・。
中を取り出すとこんなのが入ってます。
取り出したシートポスト
イーストンのシートポストモデルラインナップ全体からいうと下の方、
アルミ製に限れば、真ん中くらいというモデルです。
シートポスト
黒光りがいい感じです。
頭頂部もかっこいい。
ボルトの付近の造形もいいと思います。
シートポスト横から
グラフィックもかっこいい。
シートポストメモリ
27.2mmの350mmです。
27.2センチ
ちょっと分かりにくいですが、
差し替えるとロゴがぎりぎり見えるくらいなのかしら?
シートポスト比較
さて、従来版を抜いて取り付けです。
同じアルミなのになぜ交換なのかという最大の理由がコレ!
多段式のシートポスト
多段式の角度調整!
これでは自分のいい塩梅の場所に角度がついてくれません。
シートポスト交換比較
抜いて比べてみると、こんな感じです。
写真とってませんが、サドルの隙間から見える頭頂部?の姿ももう一つだったので
これでグッドルッキングになるのではないでしょうか。
シートポストを抜いた時に砂のこすれる音がしました。
やはり、後輪が巻き上げる砂が入っているんですね。
キレイに拭いて、グリースを塗って、挿入・・・。
姿としてはこんな感じ。
Vigore全体像
引きで見ると、ほとんどどこが変わったのかわからないですが、
なかなかかっこいいですよ。
幸い、買ったお店(下鴨のきゅうべえ)のお兄さんがselle SMPの激ユーザーで
人によって違うんだと思うんですが、と前置きしつつ
先端を少し上げるといいですよと、教えてもらいました。
そのとおりにやってみたら、ちょっと驚いた!
カポっとおしりが収まる!!
別のブログで「ティーカップとソーサーの関係」と書いておられる方がいたのを思い出しました。
おしりが収まるところに収まるという感じでしょうか。
独特のカーブを書いたサドル表面の形におしりがハマる感じです。
そのために前上がりになるようにするんですね、きっと。
あぁ、これまで数ヶ月SMP使ってきててなんでこれが気がつかないの?
って自分のアホさ加減にがっくりです。
現状ではとりあえず取り付けたというだけの状態なのですが、
うれしがって、店のお兄さんに連絡したら、
100キロ後の感覚が重要になってくるので慎重に調整してください・・・と言われました。
なるほど、まだ少ししか乗ってないので、セットはまだ始まったばかりですね。
春までになんどか乗って調整を繰り返していい感じに仕上げたいです。

ギャラクシーSを一ヶ月使ってみて

ギャラクシー使い出して、約一ヶ月。
ところどころ、腹立つことありますね。
やっぱりパソコン並と思っているからなのか、
なんでこんなことがでけへんねん!!(←できないの方言ですよ〜)
ってなることがありますね。
そのほとんどはメール関係です。
アンドロイドアプリ「Eメール」では
「転送」のボタン押してるのに
「返信」のアドレスがスタンバイされていたり、
送信後、送信先を確認の場面でも、
名前「〇〇さん」だけしか表示しなかったり。
俺が知りたいのはアドレスや!って言いたくなってしまう。
また、ドコモメール用アプリ「SPモード」は従来のiモードメールの代わりなのですが、
これまた曲者でして、返信するときは引用文が必ずつくようです。
いちいち消す作業があ入って邪魔臭い。
以前の携帯電話の方がよっぽどいろいろできたよぉ・・・。
それから最大の障害はWi-Fiで繋がっているときには受信しない!あ、もちろん送信も。
わざわざ3G回線に接続しなおして送受信。
まぁ、考えてみれば「携帯のメール」なんで
ドコモ経由にしないとパケ代稼げないからね〜。
仕方がないのはわかるのですが・・・、ねぇ。
こちらから受信チェックにいかなくても僕を呼び出してくれるのが
携帯電話メールのいいところだと思っている僕にとっては
いちいちチェックにいくなら意味ねぇ〜ってなってしまいます。
※画面みればサインはでてるんですよ。でも、画面見ないとダメですからね・・・。
あと、パソコン並が災いしてか、
たまに「落ちる」。
ブラックアウトしてホーム画面に戻ってしまうんです。
書いてたメールもすっ飛んでしまう。
こんなこと、携帯電話のころにはなかったのにな〜。
また、アラームの鳴り方(鳴らせ方)も一筋縄ではいかない印象。
上記の困ったことはギャラクシーというより、
アンドロイド全般に言えることだろうと思います。
それから過去2回完全にダウンしたことがありました。
充電もできた状態なのに立ち上がらない。
充電しなおしてみたり、スイッチ入れなおしてみたりしても、
30分ほど立ち上がらないんです。
これはどういう意味なんでしょう???
緊急電話かけられないじゃないですか。
普段は使うことの少ない、電話機能ですが、
最低限使えるようになっているのは当たり前じゃないですか、
ちょっと困りものです。
とはいえ、その場ですぐに検索できたり、
ツイッターが簡単に楽しめたりできるのは正直、楽しいです。
はっきり言って、便利です。
それはそれなりにスマホをエンジョイしているということなのか。
差し引きすると、生活に新しい習慣が始まっってプラス評価です。
というのが、この一ヶ月の印象です。

シートポスト買った。

シートポストを注文しました。
明日か明後日くらいには店から連絡がくると思います。
楽しみです。
巷、自転車店に行くと、
ウン万円もするカーボンのシートポストが吊るされていたりしますね。
たしかに軽い!アルミとは違う!と感じますね。
でもシートポストの数グラム差は、どれだけ差がつくんやろ?とも同時に思ってました。
その差は体重とかで簡単に消えてしまうのでは・・・と思ったり。
ところが、ネットなどで調べたところによると、
その差が発揮されるのはダンシングしたときの車体を左右に振ったときに出る!
ということがわかりました。
うむ!これは!すごい納得かも。
たしかに、左右に振れば路面から一番遠いサドル(シートポスト)が
錘(オモリ)になる可能性がありますからね!!
軽ければ軽いほどいいでしょう!
・・・でも僕のVigoreはクロモリです。
その差を意識していたらクロモリは買ってない!
ロングライドを目的としたクロモリには縁のない話だ!
これは完全にレーサーの論理だ!
・・・と勝手に納得して今回はアルミのモデルです(汗)
Vigore純正のシートポストもアルミだし、
変える必要なさそうですが、純正は角度調整が多段式なんです。
イメージでいうと、4段目と5段目の間、4.5段目にしたいというような時に
多段式ではダメなんですね。
そこで、アフターマーケットでは定番2ボルトタイプ(無段階調整式)のシートポストでアルミを探しました。
今回の価格帯は安物のカーボンが手に入る価格帯なのですが、アルミを探しました。
カーボンというのは男の子的にはくすぐるものがありますが、
輪行旅行などする際に気を使う可能性もありますし、
今後、大型のサドルバッグを取り付けるなどする場合、
カーボンでは取り付けできない可能性もありました。
やっぱりここは大人な対応?でアルミシートポストをチョイスするべきだ!と。
このシートポストが来た暁には改めてリポートします。
この記事を踏まえて?次回のリポートにご期待ください(^o^)

Selle SMPは難しいのか?

ひとつ前の記事で今年初のVigore走行をしてきたこと書いたのですが、
サドルの高さが狂っているということも同時に話しました。
今回、シートポストの吐出量を目分量で調整しつつ流れ橋まで行ってきたのですが、
今になって膝の痛みが増しています。
ビワイチ時からいうと、全然軽傷ですが、事態は深刻です。
シートのセッティングはほぼ一からやり直しです。
しかし、こんなに敏感なのはなぜでしょう?
もしかしたら、selle SMPも原因しているかな・・・?
膝を痛めたのもselle SMPに変えたてだった。
ただ、ひとつ違うのは櫓から後ろにずれるというアホなことは今回は起こらなかった。
今回は、高さが調整不足なので性質が違うと思うのだけれど。
どうなんでしょう?
・・・ということで、ぐぐってみました。
すると、このサドルはむしろ、高さがかなり影響するようです!
元々ついていたサドルの高さより、下げると良くなると書いている人もいる。
もしかしたら、「測り間違えた」と思っていたサドル高は実は正しくて、
走り初めで上げたのがもしかしたら、間違いだったのではないか?
でも、今となっては測った時とは状況が違うので確かめようがない。
とりあえず、現状残っているデータを参考にもう一度セッティングをしなおすことから始めます。
できれば「なんとなく」だったセッティングをきっちり春までに出して
痛みも長引かせない様にしたいです。
そうしないと、今年も棒に振ってしまうことになりかねないです!
・・・ま、そうしたら、TDM900を精力的に乗りに行くかな(^^;

走り初め

大晦日に大雪が降って以来、一向に寒さが和らいぐ気配がなかったのですが、
今日は友人Uと約束していた走り初めを敢行。
朝から寒さで憂鬱になりながらも飛び起きて、まずは室内でエアロバイク。
少しでもウォーミングアップしておかないと寒さに負けそうな気がしたので。
その甲斐あってか、さほど寒さを感じずに走り出しました。
しかしその途端、「あ、こりゃアカン」と思いました。
シートポストの高さがものすごく狂っていたのです。
そういえば年末最後の走行日に雨に祟られたので、
シートポスト抜いて乾かしたのを思い出しました。
メジャーで測っておいたはずなのに明らかに違う。
それも微妙な調整レベルでない。
あぁ〜気持ち悪い・・・と感じながら集合場所まで走る。
集合場所には10分早く着いたので、ようやくここで調整。
1センチ以上も上げました。あぁ〜恥ずかし。
シートポストが短い!
ところが、ここからが問題というかデータの持ち合わせがないので、目分量。
走行しては調整して、調整しては走行してという感じ。
結局最後まで馴染めずじまいでした。
本日はウォーミングアップなので木津川サイクリングロードを流れ橋まで、
調子よければ端(泉大橋)まで行こうかと話しておりましたが、
結局、寒さに勝てず、当初通り、流れ橋で折すことに。
そんなこんなで、スムーズに走ることなく流れ橋に到着してしまいました。
そしてここで長くおしゃべりタイム・・・なんてしてると体が冷えるのでさっさと折り返します。
走っても走らなくても冷えるのが足。
先日の記事でシューズカバーが高いことを嘆いていましたが、
結局今回は購入に至らず、こんな状態。
夏用シューズの姿
これは寒いって。
夏仕様ですよ。
足の指がかじかんでいるような錯覚(?)を感じつつ走りました。
それでも復路はガンガン走り、あっというまに桂大橋に到着しました。
おかげで体は暖かでしたよ。
から体暖か、足先寒い!の状態に耐えつつ、帰路につきました。
あ、それから午前中でさっさと帰ってきちゃたのでTOHOシネマズ二条に
街乗りMTB号で「宇宙戦艦ヤマト」見に行きました!
ツッコミ所満載でしたが、僕の世代はやっぱり嬉しいんじゃないでしょうか。

街乗り化計画。ふたたび?!

最近気になっているのが、街乗りMTB号のシート破れ。
いたずらにあったわけではなくて使用による劣化ですね。
まだ使用できないほどとは思っていないのですが、
こんな感じです。
シートが破れた
次のサドルも構想には入ってます。
三千円程度で探すつもりです。
それから二つ目の問題は、チェーンステイのサビ。
自前の塗装ですから、簡単にはげるんですが、
特にチェーンステイがひどい。
塗装したときにも保護用のシールの存在はしっていました。
でもなんかカッコ悪いイメージがあったのでつけずにいたのですが、
むしろ現状の方がひどい感じです。
そろそろリフレッシュの時期にさしかかってきているのかもしれません。

北野天満宮に行ってきたどぉ〜

元旦はここ数年、北野天満宮にいってます。
今年もそうなんですが、ひとつ違ったことは夕方に行ったことです。
街乗りMTB号に乗ってプラ〜と着いたら
こんな看板が。
まりなげ禁止
まりなげですか!
野球のボールやサッカーボールではなく「まり」なのがいいですね!
だいぶ、陽もくれてきました。
北野天満宮境内
姪たちが、おみくじを引いたあと、本殿前に来たときにはかなり暗くなってました。
北野天満宮正面
でもなんか、風情ありますよね。
去年は昼間に行ったので参拝客が多かったですが、
今年は夕方にきたから去年の1/3くらいかもしれません。
参拝が済んだあと屋台の前を通ったんですが、こちらのほうが多かったくらいです。
北野天満宮境内の夜店

あけましておめでとうございます

毎年、自作の年賀状をつくって送らせていただいているんですが、
モロに今の自分が興味をもっている事柄がでてしまうんです。
若かりし頃(20代や30代)は毎年のように自動車でした。
一時期はその年の干支にちなんだ自動車(馬年=フォードマスタング?とか)を
取り上げてたりしてたんですが、
近年はバイクや自転車などなどいろんなイラストが僕の年賀状を飾ってきました。
今年の年賀状は結局、ブルーのロードバイクです。
Vigoreも購入後、数年たちますが、いまだ熱中から冷めていません。
自転車趣味というのはこじらせるとなかなか治らないようですね。怖い、怖い。
自作の歴代年賀状を一つ一つ見ていくとこの時期はこんな物に興味持ってたんだなと、
けっこう楽しいんですけど、かように自分勝手でして、
自分の趣味の押し売り感たっぷりな年賀状になってしまっているところが
毎年、ダメポイントです。分かっているんですが、今年もやってしまいました。
2011年賀状
本年もよろしくお願いします。