月別アーカイブ: 2010年1月

びわいちがしたい!

一週間のご無沙汰です。
正直最近は、自転車へ注意を注ぐ時間が皆無です。
まったく触ってないし、ましてや乗ってもいません。
はやく乗れる状況になりたいものです。
さて、ロードに乗り始めてから念願だった
「びわいち」をこの春に計画しています。
特段珍しい事ではないというか、トレーニングでしょ。
・・・という方もおられるとは思いますが、僕にとっては十分冒険です!
もちろん、友人と走ります。
「びわいち」はいわずと知れた琵琶湖一周です。
今回は堅田から琵琶湖大橋をわたって北湖を反時計回りで走る計画です。
堅田までは輪行です。
輪行袋はMTB用のでかい!重い!のしか持っていませんから
今回は改めてロード用の軽いのを購入します。
現在どれがいいのか検討中です。
まぁ、一度買って使ってみてはじめて評価ができるのがこの手の代物。
どれだけ注意深く購入しても他のが良かった!とかありがちです。
思い切って買わないと始まりませんね・・・。
このびわいちが成功したら、将来は「淡いち」もチャレンジしてみたいし、
その先は、しまなみ海道走破!という関西(西日本)サイクリストのお約束コース(?)も
夢見て走りたいと思います。

SELLE SMPをつけました。

先日仕事終わりに部屋でSELLE SMPを取り付けました。
かっこ良くなったでしょうか。
はたまた、座り心地は?
早速スタンドからおろしてメインテナンススタンドに付け替えて作業します。
元についているサドルを外して新サドルを取り付け・・・
説明書によると定規などをあてがって水準器で調整・・・と書いてある。
水準器なんてもってないし・・・と思った瞬間、iPodを思い出しました。
そうそう、こんなアプリ入れてました。水準器。
DSC_0129.jpg
メインテナンススタンドを外してiPodをのせてみます。
だいたい水平・・・。
ぴったり水平になりますか?
シートポストの構造上、噛み合わせる必要があるので、
ぴったりにはならないように思うんですが、
本当はどうなんでしょう?
よくご存知の方、ご教授お願いします。
取り付けた姿はこんな感じ。
DSC_0135.jpg
後ろがうるさくてよくわからないですね。
すみませン。
パラゴンやら、ホイールやらでゴチャゴチャ・・・
いつからこんな自転車馬鹿になってしまったんでしょうか。。。
DSC_0137.jpg
金銭的にはこのへんで打ち止めにしろとのサインが出ています。
このへんで終わらなくては・・・・・。
こんなことにうつつを抜かしている場合ではないのですが・・・・。

SELLE SMPを買いました。

先日、ホイールの交換をしたばかりといえばそうなんですが、
今回はサドルの交換です。
やっぱりシーズオフは改造に気持ちが行ってしまいます。あぁ〜怖い。
従来から懸案として抱えていたのがサドルです。
Vigore号に乗るときが特にそうなんですが、
気持ち前気味(サドル先端)に座ってしまう傾向にありました。
なので、前立腺付近が気になっていました。
必ずしも痛みを伴うまでには至っていたなかったのですが、
正しい足の運びができていない可能性もあるため、
一度サドルを見直してみようと思った訳です。
そこで選んだのが今回のSELLE SMPです。
言わずもがなのイタリアンサドルです。
なんか、靴買ったみたいですわ。
IMG_4416.jpg
普段、高額なサドルなんて買わないのであまり見ない光景です。
当然のように今回も新品は無理そうなので、ヤフオクで購入しました。
ヤフオクがあって助かります。
さて、中身を見てみますと、
こんな感じ。
IMG_4417.jpg
SELLE SMP最大の特徴くちばし型のサドルですね。
カタログで見る限り一番かっこいいのはカーボンタイプの奴だと僕は思います。
でも、使用方法や金額(5万以上!!)から考えてあり得ないですね。
基本的には見た目重視の僕ですが、
今回ばかりは僕の使い方と見た目のバランスでいい案配のモデルを考えてGLIDERにしました。
クッションが比較的多めについているんですよね。
IMG_4418.jpg
ただ、高いからいいとはいえないのがサドルの大変なところ。
自分のお尻との相性もあるからです。
場合によってはまた、ヤフオクに流してしまうかも知れませン。
現状では見た目いいところにきていると思います。
はたして、僕のVIGORE号に取り付けたならどんな風情になるのやら。
早く装着して感想を書きたいです。
もちろん、見た目と自分のお尻との相性についてです(笑)

走り初め

あけましておめでとうございます。
新年一発目の更新をようやくします。
正月休みの間なにかと忙しいのですが、
なんとか3日の午前中を時間作り、いつもの友人と走り初めをしてきました。
お年始の走り初めはもちろんですが、
今回は6700ホイールの走り初めという意味もあり
なかなか楽しみです。
さて、集合時間になると、友人が集合場所にやってきました。
彼のバイクもマドンで僕にとってはお初です。
新年の挨拶もそこそこにスタート!!
いつものコースでのホイールの評価という意味で今回は重要なのですが、
序盤特になにもなく進む。
もちろん、良くなっているように感じますが、
よく観察してようやくわかる程度。
すぐにわからなくなるように思います。
それでも前半を結構なハイペースで飛ばしていたのですが、
意外と疲れなかったんです。
正直秋口からまったく運動していなかったので、
体力はぼろぼろのはずなのに。
これがホイールの威力なんでしょうか。
さて、今回の折り返し地点に到着した時に
友人が「いつもより2~30分早くついている」と知らせてくれました。
そういえばそうかも知れません。
先も言ったようにあまり疲れていません。
あぁ、やっぱりホイールの威力なんだろうか。。。。
さて、ぼ〜としていても体が冷えるので
折り返してかえりましょう。
と、そのとき目の前で自転車の多重事故を目撃!
我々が一番近くにいたのでとっさに救出に行きました。
幸い、病院送りになるような方がいないようだし、
仲間の方も戻ってこられたので後は託して僕らは帰路につきました。
復路は往路とは一転、のんびりムードでの走行。
広い道路ではお互いに自転車を交換して走ったりしました。
彼はクロモリに、僕はカーボンに感動しつつ素材の違いが
これほどまでに違うことにも驚きました。
さて、時間も少なく本当のロングライドとはほど遠い内容でしたが、
疲労がすくないことがホイールの交換を肯定してくれています。
春が待ち遠しいです。