月別アーカイブ: 2009年8月

見ました。

昨日、大阪でコルテオ見てきました。
そう、シルク・ド・ソレイユというサーカス団の舞台です。
フジテレビ系でよく紹介していますよね。
昼の部です。
京阪電車中之島駅で下車して
歩くこと数分、つきましたテント。
IMG_4173.jpg
サーカスといえばテント。
この方式は万国共通なんですね。
入場すると待合室?に入ります。
映画館みたいにポップコーンなども販売しています。
IMG_4180.jpg
さて、本会場である大きなテントの中に入ると、
なかなかいい席。
前から9列目、真後ろは通路で出演者の表情もわかるほどの距離。
良かったと思います(^o^)
そして、開演!
コンパクトな円形ステージを縦横無尽に使って
パフォーマンスが繰り広げられます。
特殊な舞台装置で、
空中で演技があったり、
舞台自体が回転したり、驚くほどいろんな演出がされていました。
そうそう、客席の方にも降りて観客を「いじる」ときもあったりします。
セリフは基本的には英語のようでしたが、時折カタコトの日本語が入ったりして、
どういう場面なのかは十分に分かるように工夫されていました。
そんな風に会場のアチコチに意識がいっている間に
舞台の転換がはかられたりして、息つく暇もない状態で
現実にもどる瞬間がないように工夫されています。
本当に、ファンタジーの世界に没入出来る感じですね。
いわゆる、サーカスというより、
舞台を見ているという方が正確です。
ストーリー仕立てになっているのもそうですし。
もちろん観客もそのつもりで見に来ているのでしょうけど。
ネタバレにならないように内容についてはあまり書きませんが、
衣装などはイタリアの風俗(シルク・ド・ソレイユ自体はカナダです)が
基本のようで日本人からみるとヨーロッパな雰囲気が
かなり濃い感じがしますが十分楽しめます。
僕自身はシルク・ド・ソレイユは初めてみたのですが、すごく感動しました。
少々高いチケットもあの席の良さなら、まぁ納得ですし、
気が早い話ですが、次回も見に行きたいと思いました。

そうそう一個話題があるのを忘れていました。
ヤフオクで中古バーナーを買いました。
キャンプ用のプリムス2243ですね。
ガス缶も一つオマケでつけてもらいました。
DSC_0352.jpg
キャンプ用品も亀の速度で増殖中です。
次は何を買おうかな?
せめて一人キャンプ出来るくらいにはならないと・・・ねぇ。

今更感たっぷりな話

皆さんたこ揚げっていつ以来やってないですか?
僕もこどもの頃以来なので、・・・・分からないくらいですね。
んで、今回は自分であげたわけではないのですが、見てきました。
東近江で行われる「八日市大凧あげ」です。
5月の催しですね・・・(古・・)
当日は天気もよく。というか風がきついです!!
まぁ大凧には条件いいでしょうね。
んで、市役所前の駐車場からシャトルバスで現地へ行く途中、
上空には気球かな、何か浮かんでます。
現地は河川敷です。
到着すると大小ものすごい数の凧が揚がってます。
DSC_0285.jpg
あぁ!!さっきの気球!一番メインの大凧じゃないか!
あ〜ぁ、もう上がったんだ・・・とがっかり。
気を取り直して辺りを見回すと。
いろいろやってます。
DSC_0257.jpg
とくに目に付いたのがこの鶴型凧。
オジサンたちが調整していました。
DSC_0260.jpg
おっっとっと、
DSC_0262.jpg
テイクオフ!!
DSC_0264.jpg
すげ〜とんだよ〜
DSC_0267.jpg
てな感じです。
っと楽しんでいると
上空を優雅に飛んでいた大凧がユラユラ〜してきました。
あれ?っと見ていると
まるで紙がヒラヒラと落ちて来るみたいに(当たり前か?)
ゆっくりと落ちてきました。
見守ってしまって写真取れませんでした(泣)
着地と同時に
バキバキ!と音がするんです(>_<) 大丈夫なんでしょうか・・・? でもあまり緊迫感が伝わってこないんです。 いつか落ちるのは当たり前なのかも知れないですね。 関係者の方が大事そうにもとの位置に運んでこられました、 会場の放送によると、もう一回チャレンジするとのこと。 えぇ!バキバキっていったよ〜?! って思ってたら、骨組みの点検をされていました。 は〜やっぱり落ちるの織り込み済みなんですね。 DSC_0288.jpg
・・・待っていると、場内放送で骨の折れ加減が多く
再度のたこ揚げは無理とのこと。
あ〜残念!
でもたいしたモンです(^o^)

いや、大変でしたわ。

20090822011519
先日、ETCを買いました。
普段あまり高速には乗りませんが、やっぱりないという訳にはいかなくなってきました。
そこで一体式の車載器を買ってシガーソケットから電気を取るようにする配線工事をしました。
慣れないハンダつけをやりとげ?
「ETCカードが入っていません」という言葉を聞いて喜んでしまいました。
とりあえず、深夜ですが行ってきてみようかなぁ〜(^O^)

単独ツーリング

今日は、天気もよく涼しい感じがしたので
TDM900でちょっとそこまで。
8月16日です。
盆休み最終日。
当然渋滞があるのを覚悟の上でのスタート。
なんとなく千代原口方面に来てしまったので、
国道9号線を亀岡に篠山に向かって・・・って
前回と同じやん!と自分にツッコミを入れつつ
福知山へ。
福知山には福知山城があるんです。
IMG_4154.jpg
どうです。この偉容!
なんかいい感じです(^o^)
では、入ってみましょう!!
靴を脱いで入ると入場料310円を支払います。
ん?
なんか、切符売り場がすごく事務機器とか入って近代的だな・・・・。
と思いつつ、順路に従って階段を上ろうとしたら、
ものすごくなだらかな階段。
しかも窓枠はアルミサッシ・・・。
?????
俺、どこに来たんだっけ?
福知山音頭というのが場内に流れるなか、
なぜか?ゲームの戦国バサラの登場人物のイラストが並んでました・・・?
ん〜。なんかどこに来たんだろう???
とりあえず、天守閣頂上に行ってみよう!
お城の基準から言えば異常になだらかな階段を上り、
天守閣へ。
すると、こんな感じ。
IMG_4157_20090816232734.jpg
最上階のフロアは大きな階段が占拠してます。
登っている最中に正直、僕は病院に来たのか?と思いました。
床も病院みたいですし、大きな防火扉が左右から迫る・・・
階段を上るときに思った感想です。
新築のお城なんでしょうか・・・。
建築法にあわせてアルミサッシや防火扉とかも必要だったんでしょうね・・・。
ようするにお城風建築物でした。
でも!!!
この風景はなかなかのモンでした。
IMG_4156.jpg
きっと、お殿様もこんな風に福知山の山々を見たんでしょうね。
この風景が見られたので十分です。
考えようによったら、現代建築でここまで、お城が再現できるのもスゴイです。
天気も良く、ナイスな一日でした。
ちなみに京都へは渋滞に巻き込まれました。
それでも5時すぎには帰宅できたので優秀だったかも。

ETCについて

ETCを買いました。
まだ実際に搭載していない昨日(8月14日)に
福知山方面に行く機会があり、
京都縦貫道を利用しました。
夕方、京都へ帰るころには縦貫道に入るより前から渋滞するほど。
盆休み特有の現象ですね。
縦貫道を通られたことのある方はご存じだと思いますが、
絶対距離が短くICごとに料金所があるのではなく
本線の途中に2箇所料金所があり全行程を走破する場合、
2回料金を支払うシステムなのです。
通常ならその2回をストレスフリーで通過できるETCが
今回はネックになったようです。
料金所手前数百メートルからやはり大渋滞。
しかし、よく見るとETCゲートに向かって一本の渋滞です。
一般ゲートはガラガラ。
結果的に一気に何百台抜きができました。
ETCのメリットは百も承知で、
今回に限って言えば、一般の方が良かったかも知れません。
ETCを購入した時期にこんな現象にあってちょっと複雑な気分です。

暑かった・・・。

盆休みです。
今日は朝からツーリングです、
7時半スタート。
普通なら9号〜27号線が
京都からの道筋のところ、
篠山経由で舞鶴です。
特に予定もなく大回りして走ったのですが、
だからこそ、オープンロードな部分が多く
楽しかったです。
さて、舞鶴に着くと偶然、
海上自衛隊の基地で軍艦見学ができるようだったので、
急遽、見てきました。
門衛の兵隊さん?が敬礼してくれるなか入場していくと、
いわゆるイージス艦が目の前に!!
おおすごい!
IMG_4116.jpg
いそいそと受付を済ませて、
「どの船を見学できるんですか?」と聞くと、
「このみょうこうのむこうに停泊しているはまゆきです。」とのこと。
IMG_4119.jpg
岸壁にはずらっと護衛艦が4〜5隻停泊していましたが、
そのさらに向こう側に停泊している艦だったんですね、
そこで、一旦、「みょうこう」に乗船して、
さらに向こう側に停泊している「はまゆき」へ!
身なりのピシッとした自衛隊の隊員の方に
質問したりさせてもらいました。
当然といえば当然かも知れませんが、
こちらから挨拶すると、
本当に気持ちよく挨拶を返してくれます。
男の子的にはかなりそそる見学でした。
IMG_4130.jpg
んで、そんな見学も終わり、
昼飯タイム。
うまい海鮮どんぶりを食べて
京都方面へ、
IMG_4142.jpg
帰宅は高速使いました。
いずれにしろ今日はほんとうにうだるような暑さでした。

取材

20090803085833
昨日の日曜日に行き着けのお好み焼き屋さんにいきました。
この店には外国の方もよくくるのですが今回は外国のテレビクルー。
カメラに、ライトに、マイクに、出演者…すべて外人!(あたりまえか?!)
あと、コーディネーターは日本の方でした。
あんまり見ない風景でおもしろかったです。