月別アーカイブ: 2008年11月

今シーズンラスト?! 曽爾高原(奈良県)ツーリング

11月23日朝。
日曜日としては早い時間に起き出して、
TDM900の駐車してある駐車場へ。
寒い!今日は、奈良県の曽爾高原へツーリング。
でも、初めて聞く名前、奈良県も奈良市以南へは
ほとんど行ったことがない・・・という体たらく。
よくわからないまま、
集合場所の西名阪自動車道の郡山ICへ
僕のいる京都からは国道24号を使います。
集合場所のコンビニについたのは午前9時。
道中、は寒かった・・・。
布団から出たときからだから身体が
温まっていなかったのかなぁ〜と思いながら、
外気温5度の文字を見ながら来ました。
集合時間にはまだ余裕があるので
コンビニで防寒対策として、
ホッカイロを買いました。
おなかに入れてだいぶ楽になりました(^_^)
待っていると、いつものメンバーがやってきました。
みなさん、防寒対策がバッチリなんですよ。
僕は・・・着ぶくれしてるのに寒い・・・。
これは寝ている時が問題だったかなぁ〜と思いました。
さて、全員集合できたことですし、
出発!
途中天理市を通り抜けて山中へ。
まずは宇陀市にある「こんぴらうどん富士」でうどんをば。
ちょうど、お昼時について待ちました。
唯一ある座敷で鍋焼きうどんを食べました。
まだまだ身体が冷えていたので(^^;)
おいしかったですよ。
冷えた身体には最高でした。
IMG_2685.jpg
さて、うどん屋さんを出発して、
曽爾高原へ気持ちの良い走りができてよかったです。
到着した曽爾高原はススキのきれいな場所でした。
奈良では若草山とかもススキのきれいな所ですよね。
こういう場所には初めてきたのですごくよかったです。
IMG_2704.jpg
その後、伊賀上野に寄って小休止して、163号線を使って京都へ。
途中、次々に仲間が別れていくことになるんですが
先頭のJさんが分岐点で合図をしてくれました。
恥ずかしながら、ぼ〜っと走ってしまっていたので
自分が別れる場所に来ていることが分からなかった!!んですよ。
合図をしてくれなかったら、
大阪へ行ってしまっていたかも知れません!!
いや〜助かりました(^^;)
というか、まったく金魚の○○みたいに
ただついて行く走りだったのが、
全ていけなかったですね。
スミマセン。
24号線を走って途中寄り道もしながらかえりました。
夜8時頃、京都ICから四条通りまでひどい渋滞!
交差点では右折車が交差点をふさいでしまって、
北上の自動車がスタートできないほどの馬鹿げた渋滞でした。
幸い、僕はバイクだったので通り抜けられましたが後ろの車は・・・。
おかげで北上する道は僕一人なんてことになってました(^_^;)
それから京都ICへの渋滞に巻き込まれた紅葉を見に来た他府県人達は
日付かわるまでに帰宅出来たのでしょうか・・・?

今日は自転車の話

ブログとはいえないほどに前の話です。
自転車の祭典、サイクルモード2008に行ってきました。
東京と大阪の2回開催するこのイベント。
今年は大阪が先の11月2日3日に行われました。
僕は相方と2日に遊びに行きました。
毎年のことなんですが、今年も昼過ぎに到着。
まったく出遅れてます。
んで、会場に入ると各社ブースがあって楽しみです。
会場を見渡すと、会場が3つに拡大!
「わぁーバイクと差が付いている」と思いました。
縮小傾向のモータサイクルショーと拡大しているサイクルショー
どちらも好きなんでどちらもマーケットは大きくあって欲しいです。
IMG_2659.jpg
それはそうと、僕はロードバイクを買ったばかりです。
だから、一番の興味はウエアに注がれてしまいました。
パールイズミのブースには普段、
京都ではお目にかかれない数のウエアが揃っていて楽しかったです。
正直、京都の店で探しても妥協して買っている感が強いんです。
「やっぱり本当はいろいろ種類があるんやん!」って納得の見学でした。
どうやったら買えるンでしょう?
WEB?
さてそうこうしているうちに試乗時間もなくなりそうなので
あわててチェック。
乗ったのがDAHON。
日本では折りたたみの自転車を中心に展開しているブランドです。
小径車にしてはバランスの良く取れた車体ですね。
気持ちよかったです。
また、乗ったのはシングルギアのタイプで、
ペダルを逆転させるとブレーキがかかるタイプ。
最初はとまどいましたが
小径車のプアなブレーキよりは信頼のおける部品ですね。
IMG_2669.jpg
写真の相方が乗っているのが同じくDAHONの変速機つきの自転車です。
途中、乗り換えたりできるのも小径車ならでは。
他の自転車なら体格差がありすぎて・・・。
その他にもいくつか試乗出来ましたが、
整理券が発行済みだったり、
やはり午後からでは満足に試乗出来ないですね。
次回への反省材料です。
そんな中、メインステージでは
サイクルファッションショーがあるとのことなので
行ってみました。
IMG_2654.jpg
ブランドごとに発表されていくんですが、
男性のモデルさんがモデルさんの割には背が高くないなぁと思ったら
ダンスを始めてしまいました。
モデルさんというよりダンサーだったんですねぇ〜。
Liquigasのジャージきて踊られたときは
ちょっとどうかな〜と、思いましたが・・・
まぁ、なんにしても楽しいショーでした。(前向きや)
IMG_2657.jpg
今回も思ったことですが、
やはり規模の拡大が印象的でした。
試乗コース自体も大きくなりロードレーサーでも
速度をあげられる場所もありました。
こうして、自転車に興味をもっている人口が増えるのはいいですね。
ママチャリでは楽しさとはかけ離れてしまいがちで
こんなショーにでてくるような自転車を街とかでも
もっと見かけられるようになって欲しいです。
(京都はレパートリー多い方だろうとは思いますが・・・。)
将来にむけて、京都に限らずカーシェアリングとか利用計画があったりして、
自動車自体を減らす方向に向かい始めたように感じます。
そうすると、自転車環境がいやがおうにも変化していくんでしょうね。
その変化は自転車にとっていい方向への変化であってほしいものです。
決してマイナーな乗り物ではないですから、
多くの人が自転車で楽しい思いをして欲しいです。
小径車やらリカンベントやらが街を走ったりしたら楽しいじゃないですか!

深夜に見た番組が・・・。

深夜に関西テレビで放送していた
ドキュメンタリー「家」を見ました。
本放送も見たんですが今日のは再放送でした。
というか本放送自体は22年〜23年くらい前でしたかね・・・。
恐ろしく古い話ですね・・・。
そんな昔の番組ですが異常に覚えてたんですね。
内容は建築家の安藤忠男さんがある家族(野口邸)の家を建てる話です。
当時44歳の安藤さん。
バリバリはたらいてる姿は
エネルギーも旺盛な感じがします。
スタッフは東大・京大を出てきたエリート。
そんなスタッフが作ってきた模型を
たたきつぶして叱る姿は迫力がありました。
できあがった住宅も部屋と部屋の間に中庭があり、
雨の日は傘をささないと
部屋を行き来できないというエキセントリックな建物・・・。
そんなとてつもない内容の番組だから
すごい印象が当時の中坊の僕には響いたんでしょうね。
だから今日まで記憶に残っていたんだろうと思います。
叱っている内容は
現在38歳の僕が見たら
言いたいことがよくわかる。
でも中坊のころにはただコワイひとにしか
見えなかったですね。
施主も30歳とありました。
今時の30歳(というか38歳の僕)では
考えられないくらい大人な印象です。
前回も今回も偶然見たドキュメンタリーですが、
いろんな意味で良い勉強になりました。
ちなみに題字は田中一光とありました。
いまや大御所のお二人が関わった番組だったんですね・・・。
もしかしたら僕がしらないだけで他にも大御所の方が関わってらっしゃるかも。
月日が経つのは早いです。

映画見た。

今日は昼から二条にある東宝シネマズに行きました。
GSワンダーランドという映画です。
グループサウンズ(GS)…僕はリアルタイムでは知りません。そんな一時代を描いた映画です。
リアルタイムで知らなくてもまぁ面白い…と思いました。
栗山千明もきれいでした。
ただ、あまりに観客が少ない!
25人程度だったかも…。
(相方は観客10人くらいって見積ってましたが)しかも、かなり高齢な観客!まぁ昔話ですしね…って、じゃ、三丁目の夕日はどうなんだ!
あれは、もっと幅広い観客だったのに…。
その後、モヤモヤしたままエントランスにいたら、
ハッピーフライトが見られるタイミングなのがわかりました。
すかさず、チケットを購入して、飛び込みました。
要するにこちらも空席があったから見られたんですがこちらは空席があるのが不思議なくらい楽しい映画でした。
やっぱり、アルタミラピクチャーズの映画!エンターテイメントがたってました。
亀山千広プロデューサーに矢口史靖監督の組み合わせ…、もうこれだけ揃っておもしろくないはずないなと思いました。
男の子的には心揺さ振られるヒコーキネタもたっぷりだし、綾瀬遥の可愛らしさなどなど、見るところが多かった。
日本映画(というかフジテレビ)のエンターテイメントらしい、よくできた映画でした。
僕的にはどちらもおもしろかったですが、前後逆にならなくてよかったかな…とは思います(^^ゞ

20世紀少年

そうそう、忘れてました。
相方と20世紀少年の映画見ました。
上映時間は長かったんですが、おもしろかったです。
実際、長さは感じませんでした。
いつも読んでいたあのマンガが動いてる!
というベタな感想ですが。
相方はこの映画がマンガだったことを知りませんでした。
そこで、その週の日曜日。
相方とマンガミュージアム&漫画喫茶併用でオリジナルを読みなおしました。
(そこまでして・・・汗)
正月の第2章が楽しみになってきました(^_^)

MTB街乗り化計画1

実は新しい計画を練っています。
それは、既存のMTBを街乗り用に改装すること。
その理由は晴れてロードレーサーを購入したので
MTBにスリックタイヤをはかせて
ロードに対抗しなくて良くなったのが主な理由です。
これまでブログをよんでくれた事のある方なら分かるように
京都界隈のサイクリングにはMTBで出かけてました。
でも、その必要がなくなったんですね・・・。
んで、MTBを街で便利に使うには
なにをすればいいか?
以下に列記してみました。
イラストは現在の我がMTBです。
現在の状態
1.キックスタンド
まず真っ先に思ったのがキックスタンド。
要するにメインテナンススタンドではなくて自転車についてるヤツ。
なんとなく、スタンドのあるなしが
趣味用か実用かの分岐点みたいに思いませんか?
実際、明らかに趣味として使われている自転車は
100%スタンド付いてないですよね。
で今回のテーマは実用化ですから、絶対必要ですっ!
で、すでにスタンドは取り付けました!
スタンド
これはまた、後日報告しますが、センタースタンド?タイプです。
要するにモーターサイクルのサイドスタンドと同じ位置に取り付けるんです。
コレの方がカッコイイかな?と思ったので。
2.通常のペダル
現在ついているのはシマノSPDのペダルです。
クツとビンディングでくっついてしまうアレです。
街で走るのにこれは必要ないでしょう。
もともと標準でついていたペダルに付け替えます。
3.アッパーなステム&ハンドルバー
ステム
ハンドルバー
僕のMTBはどちらかというと前傾がきつ目です。
だから、もっとアップライトに座って
街ゆく人々を見渡せるような姿勢にしないと危険かな?と思います。
アップライトなハンドル位置にするために
ハンドルバー、もし叶うならステムごと変更したいというのが本音です。
ハドルバーを交換するときはグリップも当然交換です。
4.コンフォート仕様のサドル
現在のサドルは足の回転を優先させたモノです。
長距離を走るにはこれが良いんですが、
せいぜい10キロ以内の街乗りですから、
もっとクッション性のいいモノに変更します。
3で紹介したようにアップライトな姿勢に変化させるので
当然おしりに圧力がかかるので、これは意外と重要です。
5.チェーンカバー
これはやっぱりいると思います。
これまではレーパン履いてるワケで必要がなかったのですが、
これからはジーンズやメンパンなど裾を気をつけないといけないでしょう。
ただ、チェーンリングに直づけするタイプはかっこわるい・・・
現在考え中です。
6.カギ
もしあるならママチャリみたいなカギが理想です。
ワイヤーをいちいち持ち歩く(走る?)のは邪魔くさい・・・。
これもネットで検索中です。
7.タイヤ
これは当分買わないと思います。
ただ、できる限り細いタイヤ希望です。
20年前購入した時のタイヤは2インチ幅のブロックタイヤでした。
現在は1.5インチ幅のスリックです。
現在装着しているホイールでは1.5インチ幅が
下限かもしれないので調べてみます。
8.あと細々としたもの
クイックリリースになっている前後ホイール、
シートポストも工具で締め付けて
簡単にははずれないようにしないと
街で駐車中にイタズラされかねないですね。
要交換です。
場合によったら(恐らく実行する)
フロントのギアはアウターだけにして
インナーの2枚は外すかもしれません。
街では3枚もいらないでしょう・・・。
そしたら、フロントのディレーラーも外せるし
ハンドルのチェンジレバーも外せるし。
スッキリですね!
あ、そうそう、せっかくMTBなんで、
今時の29er仕様にするのもおもしろいかも。
そうすると29インチのホイールを購入ですね。
いやいや、ディスクブレーキではないし
フレームが対応できないでしょうから、
これはムリですね(^_^;)
ざっと考えただけでこれだけでてきました。
これにもしもやる気があれば、
フレームの色変えもしてみたいです。
中学生の頃、兄のお下がりロードを
ホワイトに塗り替えた経歴があるので今回も自力で・・・。
先日、新車ロードもフレームの色を悩んだばかりなのにまた・・・。
まぁ、これが楽しいんですが。
ところでこんな改装計画も
先立つものがないと始まらないですから、
ボチボチ改装していきます。
また、なにかあれば報告をします。

見てます。

20081113004338
先日、新風館にあるビレッジバンガードにふらふらと入って本を眺めてたら、ピタゴラ装置という本を見つけました。
見た瞬間「あっ!」って言ってしまいましたよ。
だって、あのピタゴラスイッチの、あのコーナーだけを抜き出したDVDだったんですもの。
…ところで、ピタゴラスイッチご存知ですか?
NHK教育で放送してる番組なんです。
その1コーナーでボールやら、テープやら、スプーンやらがコロコロと転がったり、跳ねたりをするんですが、それらがひとつのコースになっていて…って説明大変っす!
そんな、転がってるだけといえばそれだけのDVDですが、妙に引き込まれるんですよ。
そんなコーナーの集まりだから、ぐぅ〜と引き込まれっぱなしです。

いい気分

秋晴れの今日。
電車に乗るため歩いてたら、自分が通った中学の校庭でラグビーの練習してました。
大人の方が小学生を教えている様子でした。
ちょうど、僕が中学時代に始まったラグビー部。
こんな風に地域で根付いてるのを見るとうれしいです。