月別アーカイブ: 2008年8月

く〓ブラウザです。

僕は普段、仕事の関係でマックを使ってます。
マックは好きです。
僕の使い方ならウィンドウズより断然マックです。
今回の話題の中心は、サファリというブラウザについてです。
OSXを使うようになってからサファリはメインのブラウザとして馴れ親しんでいます。
基本的に表示フォントは明朝でビミョーにぼかしが入った文字は美しく表現されていて好きなブラウザでした。
しかも最速のブラウザと宣言していたし確かに速い!印象です。
エクスプローラのマック版ではここまで美しく表示しなかったです。
だからマック版エクスプローラがなくなってからはサファリだけ使ってました。
そんな折り、見る事ができない(機能が制限される)ページがある事に実は悩んでいました。
でも、最初はOSが原因だと思ってあきらめていたんです。
どうしても見たいページはウィンドウズを使ったりしたもんです。
ほかにもこんなエピソードが。
Googleの機能を使おうとしても英語のページにたどりついてしまう。
「なんでGoogleは日本語のページを作らないのか?」とマジで怒っていました。
苦しんで使ってました。
んで先日。
ユーチューブ(これもGoogleだ!)にアカウントを作ろうとしてみると英語版。
調べると作り方を指南してくれる(Googleとは直接関係ない)サイトでは日本語の表示で紹介されているじゃないですか!
そこからリンクされているページは日本語だ!と思ってクリックしても、英語版。
もう「?」です。
さんざん探しても英語版しかでてこない。
なかばあきらめてウィンドウズでやりかけたとたん、
もしかしてオペラやファイヤフォックスだとどうなんかな?と考えてみました。
そう、他のブラウザで試したことがなかったんです。
かくして、ファイヤフォックスやオペラでは何不自由なくGoogleの日本語サイトを使えるのでした。
サファリで英語で表示されるのは何か設定の問題なんでしょうか?
ファイヤフォックスやオペラなど他のブラウザを使うようになって、
いかにこれまでサファリによって制限を受けていたのかがよくわかりはじめました。
いつものサイトを訪れてみて「あ、こんなところに文字がある!」とか「この機能マックではあきらめてたのに!」なんてことがしょっちゅうです。
あと、最悪なのがリロードしても表示が更新させないこと。
最速を謳うあまり、自分が抱えている画像などを積極的に使う方法をとっています。
つまり、サイト側で画像が変更されても同じファイル名を使っていればそのまま以前取り込んだ自前の画像を当て込むので結果的に更新したことが分かりにくいという大欠点があります。
左様に、サファリは困ったブラウザです。

送り火です。

お盆休みの16日。
京都では送り火があります。
そもそもこの行事は仏教行事で・・・
というのは置いておいて
どこで見るか?を今年も考えました。
去年は遅めに出てしまい
いい場所は全て見物客がいてて(当たり前です)
ポジションはなかったんです。
そこで今年はどえらい正面から見える所を発見したので
密かにココだと決めていました。
ただ、許可が必要な場所にも見えて
イマイチ確信がもてないまま現場まで行きました。
で、結論からいうとその場所では見ませんでした。
理由はいくつかあるんですが、
一番の理由は昼間に雨が降ってしまってことで
気持ちが萎えてしまったこと。
そんな気持ちで市内をうろうろしているウチに
出町柳の界隈にたどり着いてしまいました。
そう、ここは去年河原で見ようとして訪れたら
とんだ見当違いで座ることすら出来なかった場所です。
しかし、今年はまだまだ見物場所を選び放題の時に到着!
何カ所か実際に座ってみたりして確かめて
納得できる場所を確保しました。
その後、ぞくぞく見物客が増えてきて
去年と変わらないほどにまで。
さて、いよいよ夕闇も深くなり
8時が迫ってきました。
「大」という文字が浮かび始めると
一斉にケイタイやカメラを構え始めました。
僕は比較的高台にいたので
前に居る人達の液晶画面がどんどん増えていく様を見ました。
ケイタイの嵐
送り火のオレンジ色と
携帯画面の青色とが
コントラストになって
まぁそれはそれでキレイでしたよ。
この写真を撮っている僕も
さらに後ろにいる人達にとっては
同じ液晶画面の内の一つだったろうと思います。

カスタマイズ

もともとTDM900を買うにあたって、
イメージしていたのがパニアケースをつけること。
だってこのTDM900ってバイクは、
パニアがついてこそ「らしい」形になると思いませんか?
んで、今回どのパニアにしようかと悩んだあげく
一番普通のGIVIにしました。
実をいうとクラウザーのK4が一番ほしいケースでした。
公式WEBにも装着例としてTDM900が使われているくらい似合うんです。
ところが、クラウザーはめちゃくちゃ高い!
そんなことでなかなか決断できなかったのですが、
今回「GIVIでもいいわ。」という上から目線で
GIVIモノロックケースE350というモデルを購入。
やっぱり価格に魅力を感じてしまいました。
んで!やっと取り付けです。
汎用ベースをキャリアに取り付けることが中心になるんですが、
TDM900にはキャリアが付いています・・・・。
付いていると信じていましたが、正確にはグラブバーらしいんです。
一瞬、キャリアでないなら汎用ベースってつかないのかな?
なんて考えましたが、グラブバー自体かなり頑丈に取り付けてあるし、
WEBで他のユーザーが取り付けているのを見たりしたので
あんまり心配せずに購入しました。
で、問題のキャリアというかグラブバーに取り付けます。
平たいスペースがあるので全然大丈夫です。
グラブバー
この写真が汎用ベースを取り付けたところ。
完全にボルトオンでつきます。
下から見てもこんな感じ。
下から
上蓋をつけて完成。
あっという間にできてしまいちょっと拍子抜けです。
上蓋
どうですか?
やっぱりTDM900はパニアケースがついてこそだと思いませんか。
「らしく」なったと思います。
らしい
中を開けるとこんな感じ。
クラウザーK4でないのは残念ですが、
そんなブルジョワ(?)はもっとオジサンになってからで十分です。
こんな感じ
まだ、荷物を積載して走行したことがないので
なんとも言えませんが、空荷ではまったく変化なしです。
(あたりまえか?)
2年目にしてようやく「本来の姿」になったTDM900。
亀の速度でカスタマイズしていきます。
遠景

映画見ました

今日は退屈になってきたので街に出かけました。
プラプラ歩いていて思いしました。
映画見よっと。
今日は「ダークナイト」です。
よろしゅうございました。
劇場を出たら路面が濡れていました。
どうやら夕立が合ったようです。
結果的に降られずに帰宅できて良かったです。

こんなになりました。

20080806094839
朝顔の種を植えた話をはるか前にしました。
今日はその報告を。
見てください!
朝顔はツルを伸ばすものですが、ここまでになるとは正直思いませんでした。
床から天井まで一気に伸びました。
これのおかげで部屋へ入る光が遮られて涼しいです。なかなかいい結果に満足です。
でも
日差しに朝顔が向かうので
部屋からは裏側を見る感じになるのが
難点です(*_*)