月別アーカイブ: 2007年8月

テスト店舗なんだろうか…

狂牛病騒動以来、吉野家はすっかり客が離れてしまいましたよね。
最近は徐々に戻ってきてるんでしょうか…。
そんな状態を打開するのが目的なのか、北大路河原町角だったかにある吉野家は店舗改装工事を経て、新店舗に変わりました。
狂牛病からほとんど食べた事ないんですが興味津々で入ってみました。
従来の吉野家はカウンターがありましたよね。
この店ではすっかりカウンターがなくなっていてテーブル席が並んでます。
創業当時の白黒写真がいくつかかかっていてノスタルジーを感じさせるようにしてあったり今どきの店っぽい雰囲気になってるんです。
女性客を狙っているのは明らかですね!
テーブルに案内されてメニューを出してくれました。
ホンマ、吉野家か?と思いながらもメニューの内容がどれだけ変わったか楽しみに見たら…。
なぁ〜んにも変わってない(>_<) まぁ仕方がないんだろうけど…。 店内では女性客が居てました。お一人様の女性も居たくらいなので吉野家の目的は達成してるんでしょうね…。 その後、関西のいくつかの店舗を見かけましたが何一つ変わっていないのでこの店舗はテストなんでしょうね。 以前、マクドナルドが新しいタイプの店舗を構えるのに京都の五条でテスト店舗を運営して確かめたなんて話をどこかで聞きました。 そんな風に京都って実験的なものをするにはいい土地柄なんでしょうか…。

コンドルズです。

先週の土曜に、大阪OBPにあるIMPホールでコンドルズのライブに行ってきました。
コンドルズとは近藤良平が主宰するコンテンポラリーダンスカンパニーです。
学生服をきた男性ダンサーが踊るというとわかる方も増えると思います。
最近はNHKで放送されているサラリーマンNEOという番組でサラリーマン体操のコーナーを担当してますね。
このコーナーを見たことのある方は知ってると思いますがふざけた内容がまた面白いんですよね。
んで、そんなコンドルズの舞台はコントあり、コンテンポラリーダンスあり影絵あり…と要するになんでもありの2時間ぶっ続けの面白さなんです。
去年も行きましたが今年もよかったです。
舞台終了後、会場出口まえの売店ではメンバーが販売してました。
当たり前ですがすごい汗でやはりダンスは体力がいるんだと言うことが改めてわかりました。
次回も必ずみると思います。

京都駅に自衛隊が!?

ビックカメラを見に行った道すがらバスターミナル前にあるスペースで、自衛隊のクルマが止められていました。
何か事件でもあるんかいな?と思ったら、災害対策のキャンペーンで一台来てたんですね。
ステンレスでピカピカの給水車とかいろいろあったんですがやっぱり自衛隊のクルマが一番目をさしますね。
たしか、第7普通科何とか…ってかいてました。
作戦車なんだそうです。
タイヤなんて千枚通しで刺しても穴開かない!って感じですね。
たまにニュースでみる連続タイヤ穴あけ事件なんかの被害にあった人はうらやましいんじゃないでしょうか。
この作戦車というクルマの前に隊員の方が立ってられたんですがその周りを遠巻きに買い物客が見てました。
そんな中で一人のおじさんがクルマに近づいて触り始めたのを合図に周りにいた人たちがワッと近寄って隊員さんに説明を求めたりクルマを触ってました。
この写真にはバックに京都タワーが写ってるんです。
この雰囲気はかつて新宿で行われた訓練と同じような感じがありますね。
このアンバランスな感じが面白くってパチリと写真を撮りました。

ビックカメラっす。

最近、京都駅界隈が熱い(笑)
話題の店舗が開店ラッシュなんです。
昨日は先頭をきって開店したビックカメラに行ってきました。
開店初の休日ですからやはりすごい混みようでした。
僕は普段、大阪梅田にあるヨドバシカメラに行くんですがやっぱり比較してしまいます…。
フロア面積が小さいのは仕方がないですがエスカレーターが一人用だったりするのがヨドバシカメラのような驚きはなく、寺町の電気街とあまり変わらない印象でした。

ジラフのチョコレートケーキ。

新風館内にあるジラフというカフェで食べたチョコレートケーキ。
添えてあるのはバニラアイスにキャラメルがかけられたものでした。
ケーキと冷たいアイスの組み合わせが嬉しい一品です。
比較的パサパサした食感。これはチョコレートケーキでは仕方がないのかな。
十分うまい!ですがもう少しパサパサ感がなくなれば…なんて思いました。

これもスイーツです

毎年夏の恒例としてとらやのかき氷を食べています。
今年も一番暑い時期を選んだように行ってきました。
僕の家からとらやへは歩いて数分という立地なんですが今回は出先でいただくことにしたので四条通りにある茶室へ行きました。
店の奧にある階段をあがっていくと喫茶室があるんです。
夏にここへくるときに必ず注文するのが宇治金時!
とらや特製のあずきは和さん盆の組み合わせでたまらなくうまい!
オプションで白玉をつけてもらうといい感じです。
なんか氷も違うんかなぁと思ってしまうほど(ちょっと大げさ?)
ちょっとここのかき氷を食べてしまうと他のは食べられないというか、全く別物って感じです。(結局食べてる?)
あ〜おいしかった(●^ー^●)

大阪水上めぐり

大人の社会科見学、第3弾は大阪・中之島を行く「水上バスツアー」
正直、1回目以外はタダの観光案内と化している感のあるこのコーナーですが、
そこは大目に見てもらって発表です。
大阪にはいくつもの川が流れていて、いくつもの橋が架かっています。
そんな水の都・大阪にある水上バス「アクアライナー」に乗船しました。
京阪・淀屋橋駅に類設するようにバス乗り場があります。
一日に何本か出航しているんですが
われわれは夕方4時に出航する便に乗船。
港で待っていると平たい船が近づいてきました。
あれにのるんだぁ〜なんてのんびりした気分でいておりました。
で、いざ乗船!

船は見た目にも平たいので頭がつかえるんじゃないか?なんて思っていましたが
179センチの僕でも問題なく船内を歩けます。
シートに座って水面を見ると結構水面が近い・・・大丈夫なんかいな・・・。
動き出してしばらくすると、同じ形の船がすれ違った・・・。
僕は手を振って見ましたが誰も振り返してはくれませんでした・・・(あたりまえ?)

この船がこんなにも平たいのには訳があって多くの橋を渡るには喫水線より上を小さくしなくてはイケナイんですね。
橋の下は結構ギリギリに見えます。
しかし、今回取材した日よりも水かさが増える事は多くこんな調子で通れるのかな?
と思っていました。
すると、アナウンスが入ってしばらくすると、屋根が下がって来るんですよ!
こんな感じです。

ここまで低くなると僕の身長だけでなく女の子の身長でも首をかしげながらでないと歩けないようでした。
30センチくらいは縮んだと思います。
ちなみに、屋根が下がる間正面にあるランプがけたたましく点滅してました・・・。
アクアライナーは有名ですが、他にもいろんな観光船が運航しているようでした。
外輪がついた船なんかもありました。

その後、川を走っていると、遙か彼方には大阪城も見えましたよ。
さらに、進むとOBP(オオサカビジネスパーク)の方へやって来ました。
こちらはまた極端な程、未来的な世界で大阪の別の一面をかいま見せてもらいました。

無事中之島方面へ帰ってきたときにはちょうど1時間ほどたっていました。
途中、各地にある港によって乗客を迎えていました。
公共交通としては恐らく使っているひとはいないでしょう。
でも、観光バスとしては十分大阪を紹介できる乗り物だと思いました。

猛暑が原因!?

最近の気温ってなんとかならないもんでしょうか。
明らかに猛暑ってやつだと思います。
そんな先日、我が家に姪がきました。
おやつにきのこの山を出してあげました。
するとこの気温で
ひとかたまりになってました。
出したときは冷蔵庫に入っていたのでしっかり塊になってました。
結局、包丁で切って食べました。

大文字の送り火

先日、速報しました大文字の送り火を改めて報告。
お盆最終日16日は京都では大文字の送り火がある日なんですよね。
数日来アホほど暑い日が続いていた京都ですが
この日も日差しが文字通り刺さる感じがするほどの暑さでした。
そんな京都も夕方になるといくばしかは過ごしやすくなり町に人が増えてきました。
今回、我々は出町柳界隈で送り火を見ようと出かけました。
で、足を運んでみてびっくり!
賀茂川と高野川の合流箇所で河原があるんですが
普段はのどかなこの辺りも凄い人手で
土手の芝が見えないくらい人があふれてました。
下の写真でなんとか見えるでしょうか・・・。

みんなよく知ってるよなぁと思いながら今出川にかかる橋に陣取ってしばし待つことに。
数十分後にほのかに種火がつきました。
おっ!はじまるぞ!
するとバアーと一気に大の文字になりました。
一斉に歓声があがりフラッシュがたかれてました。
土手にいる人たちもフラッシュが光り、まるでメジャーリーグのスタジアムの観客席からフラッシュがたかれるような感じでした。普段御所越しにみてるのですこし大きく見えます。
やはりこの時期、外国の人も多く、グレート!てな感じなんでしょうかね…。
この写真はかなり人がいなくなってからですが、雰囲気は伝わるんじゃないでしょうか。

そうこうする内2つ目の山から妙法が点火されました。
我々がいる位置からは法しか見られないのだけれど十分しっかり見られました。
んで、これ以上いても混むばかりなので市内で遊ぼうと出町柳から京阪に乗るために駅にむかうと、船型が見えました。
出町柳からでも見られるんですね!
すこし驚きました。